スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライカーとしての成長を

6年生になって、Rはフォワードあるいはトップ下という攻撃的なポジションで起用されています。

5年生の時には、6年生の大会を含めセンターバックで出場することが多かったR。
そこでもいいプレーをしていたし、大きな選手からボールを奪うことで自信もついたようでした。

それでも、私はやはりRの本質は攻撃にあると思っています。
特に、キーパーとの1対1ではほぼパーフェクトと言っていいぐらいに確実に決めたり、サイドからのボールをダイレクトでゴールに流し込む技術など、チームの中で「いちばんシュートがうまい」と私は思っています。
ただ、今はまだキック力がないので、中長距離のシュートは入る気がしません。

それなのに、ポストプレーから攻撃を展開する能力も備えているために、今はパサーとしてのプレーが多く、本来最もRの「シュートのうまさ」を活かせるはずのゴール前でプレーする機会が少なすぎます。

もちろん、攻撃を組み立てる仕事も大事ですが、サッカーで最も大切な「ゴール」、そしてそのために必要な「シュート」の能力を持っているRには、もっともっとゴール前といういちばん厳しい戦いの場で、自分の持てる能力を発揮し、成長してもらいたいと思っています。

小学生最後の1年を「ストライカー」としての成長の年にして欲しいと願う親バカなのでありました( ´ ▽ ` )ノ
スポンサーサイト

久しぶりの更新。ヨンガカップ3位決定戦

大変お久しぶりの更新でございますm(_ _)m
特にこれといった理由はないのですが、いろんなことにかまけてサボっていました。
そうこうしている間に長男Rは小学生最後の年を迎えてしまいました。
これから少しはしょったりしつつ、できるだけ早く現在に追いつけるように精々頑張って更新していきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

で、1月の終わりに行われたヨンガカップの3位決定戦。
KYSC創設以来初の快挙ということで張り切って聖地NKG(吉本の舞台みたい?…それはNGK!)に乗り込みましたが、0対3で完敗。セットプレー以外ではまともにシュートを撃つこともできず、スコア以上の完敗でした。
夏ごろから感じていましたが、相手のプレッシャーが強くなると、途端に思うようにプレーできなくなり、ボールを前に運べません。
この辺りは、慣れというのも大きいと思うので、日頃から強い相手と試合することが必要かな?と思ったりしました。

そして、ここからは親バカで(#^.^#)
Rはこの日もセンターバックで先発フル出場。
レギュラーのインフルエンザにより急遽出場となった左サイドバックのフォローに追われるなど、押され気味の試合の中でなかなかいいところは出せませんでした(>_<)
でも、厳しいプレッシャーの中で苦しむチームメートをよそに、Rだけはボールコントロールに余裕がありました。
それをみると、やはり中盤から前の、より相手ゴールに近いところでプレーさせてやりたいという気持ちになりました。
やっぱりRには攻撃が似合うと思うな~♪( ´▽`)

ベスト4!

1月21日(土)サ○ガカップ3週目

この日は準々決勝と準決勝が行われました。
ここまで勝ち抜いた全8チームが集い、前日から降り続く雨の中、天然芝のピッチで熱戦が繰り広げられました。


準々決勝 vs Nの

 前半 1-0 Kま
 後半 0-0
 合計 1-0 ベスト4進出!

前半は、開始早々こそ少し押し込まれましたが、途中からはほとんどボールを支配。
りゅうきのドリブルからのこぼれ球をかずまが押し込んで先制しました 。

ところが後半は一転、防戦一方に。落ち着いてパスを回すことができず、ボールを失っては押し込まれる苦しい戦いになりました。
守備陣にファールが増えて、フリーキックやコーナーキックを何度も与えてしまいましたが、最後まで集中を切らすことなく、耐え切って逃げ切りました。


準決勝 vs Sらん

 前半 1-1 Kう、相手
 後半 1-1 相手、Kま(Yすけ)
 合計 2-2 引き分け

PK戦
 KYSC ◯◯◯×× 3
 Sらん  ◯◯◯◯- 4

決勝進出ならず・・・

前後半通じて押し気味に試合を進めながら、数少ないチャンスを 決められてしまいました。

相手の翔鸞は、準々決勝でもかなりボールを支配されながらもカウンターでワンチャンスをものにして、前評判の高かったチームを1-0で退けてきたチーム。
カウンターに注意する必要があることはわかっていたはずですが、やられてしまいました。

それでも、KYSCの魅せたプレーは素晴らしいものでした。
Kうのスーパーゴールで先制しながら、同点、逆転を許しましたが、落ち込むことなく、パスを繋ぎ、ピッチを広く使う自分たちのプレーを貫きました。

そして、右サイドバック、キャプテンYすけのオーバーラップからのセンタリングをKまがダイレクトで合わせての同点ゴール。
11人中6人が5年生というチームですが、大事なところでは、やはり6年生がチームを引っ張ってくれて、準々決勝まで無失点で勝ち上がってきた、堅守のチームを最後まで苦しめました。


残念ながら、決勝進出はなりませんでしたが、また来週、西京極のプロと同じピッチで、3位決定戦を戦うことができます。
これが6年生にとって本当に最後の公式戦。
最高の舞台で、最高にサッカーを楽しんできて欲しいと思います。


最後まで頑張れ、KYSC!(^o^)/



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

「ちびっこファイター」の躍動

更新が遅れてますが、サ◯ガカップでのRのプレーについてです。

実は年明け1月3日のKYSCの初蹴りとその後のカップメンバーの練習が終わって、左脚の付け根が痛いと言い出し、3日間練習と試合を休みました(>_<)
幸い大事には至らず、サ◯ガカップ初日の1・2回戦の時には 復帰していたのですが、負傷明けということもあって出場機会はありませんでした。
しかし、チームが勝ち上がってくれたおかげで、翌週の3回戦でサ◯ガカップデビューを果たすことができました。

満を持して登場した3・4回戦では、2試合続けて左センターバックで先発フル出場。  
親のひいき目を差し引いても、チームのベスト8進出に貢献したと思います。

3回戦では、相手のエースストライカーをほぼ完璧に抑えて、仕事をさせませんでした。
4回戦では、大柄なセンターフォワードを相手にもまったく臆することなく、渡り合いました。

2試合ともマッチアップした相手は6年生で、Rよりも20~30センチぐらいは背が高く、チームでも攻撃の中心的な役割を担うと思われるプレイヤーでしたが、グラウンドの中で誰よりも背の低い「ちびっこファイター」が堂々と戦う姿は実に力強く、頼もしいものでした。
重心の 低さと、3年続けて参加したボカキャンプで身体に叩き込んだ「身体を使う」テクニックを十二分に発揮してくれました。

この調子なら、今日の準々決勝、準決勝でも、いいプレーを魅せてくれることでしょうp(^_^)q 

「ちびっこファイター」の躍動する姿、必見です!

 
 ↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 

ベスト8への道のり

1月の京都では、府内から122チームが集い、6年生にとっては小学生最後の公式戦タイトルを目指して熱戦が繰り広げられています。
これまでのKYSCの戦いを振り返りたいと思います。


1日目 1月9日(月・祝)

1回戦 vs FくさB

 前半 2-0 Rんた(Kだい)、Kま(Rんた)
 後半 2-0 Kま、Kんた(Kう:CK)
 合計 4-0 勝ち

内容、結果共に圧倒し、幸先の良いスタートが切れました。
出足が鋭く常にボールをキープして攻め続けました。

一方、敗れた相手チームの選手達が泣きながらベンチに帰ってく姿を目の当たりにして、トーナメントの厳しさと、これが6年生にとって最後の公式戦なんだという事を改めて感じさせられました。


2回戦 vs Sさい

 前半 4-0 Kま(Rうき)、Rうき、Rうき、OG
 後半 1-0 Kま(Rんた)
 合計 5-0 勝ち

1回戦に続いての圧勝でしたが、点差ほどチーム力に差があるとは思いませんでした。
序盤に相手ディフェンスが不安定なところにつけ込んで得点を重ねたことで点差がつきましたが、後半には相手の大型FWに何度か決定的なチャンスを作られるなど、ピンチもかなりありました。


2日目 1月14日(土)

3回戦 vs Oぐら

 前半 0-1
 後半 2-0 Kう:FK、Kま
 合計 2-1 勝ち

凄く面白くて、いい試合でした。

前半、両サイドを中心に多彩な攻撃で相手ゴールを脅かしたKYSCに対して、相手チームもセンターフォワードを中心としたカウンターで対抗してきました。

そんな中で、先制点はOぐら。フォワードの選手はオフサイドポジションにいましたが、判断よくボールに関与しないことをアピールしてオフサイドにはならず、後ろから出てきた選手がキーパーとの1対1を冷静に流し込みました。
オフサイドだと思って全員が動きを止めてしまったのが原因ですが、これは相手の選手の判断が素晴らしかったと思います。

この後もボールを支配したのはKYSCでしたが、なかなか同点ゴールか決められません。
後半途中、ベンチからの指示でセンターバックのKうとボランチのAっくんのポジションを入れ替え、攻撃にシフトチェンジ。するとこの直後、Kうが中盤でドリブルを始めると相手選手がファールを犯し、フリーキックが与えられました。
センターサークル付近のかなり遠い位置でしたが、Kう自ら蹴ったボールは相手ゴールに吸い込まれました。
フリーキックはもちろんですが、それまでチームになかった中央をドリブルで運ぶという選択・判断が、リズムの変化を生み、相手のファールに繋がった素晴らしいプレーだと思います。

エースのスーパーゴールで勢いに乗ったKYSC。今度はKまが得意のドリブル突破からゴール!
見事な逆転勝利を収めました。

結果的にゴールこそ「個の力」で奪いましたが、これらのゴールを生んだのは間違いなくチームの力。
不運な失点に挫けることなく、最後まで全員が勝利に向かって懸命に戦ったからこそ得られた結果です。
劇的な試合展開も相まって、正直かなり感動して思わず涙腺がゆるんでしまいましたよヽ(;▽;)ノ


4回戦 vs ANすじ

 前半 0-0
 後半 0-0
 合計 0-0 引き分け

 PK戦
  KYSC ◯×◯◯ 3
  ANすじ ×◯×× 1

3回戦の素晴らしい試合から一転、圧倒的に攻められて耐える展開。
何度もキーパーと1対1の場面を作られましたが、そのたびにGKのRたろうがスーパーセーブでチームを救ってくれました。この試合のマンオブザマッチは文句なしでRたろうでしょう!

この日のRたろうは、1試合目から前に出る判断が素晴らしく、キックの威力・精度も向上して、1週間前の試合よりも遥かに成長していると感じました。背は低いですが、まさに「頼れる守護神」に成長してくれました。

苦戦の原因としては、相手が前線から厳しくプレッシャーをかけてきたことに対して、KYSCのディフェンスや中盤の選手のミスが多くなり、ボールを簡単に失ってしまったことがあげられます。
プレッシャーが厳しく、判断する時間が少なくなると、得意のピッチを広く使ってパスを繋ぐサッカーができなくなるという、主に技術的な問題と、この試合では開始直後にディフェンス陣のミスから立て続けに決定的なピンチを迎えたために、精神的に受け身にまわり、自分たちのリズムでプレーできなくなったというメンタル面の問題も大きかったと思います。

ともあれ、圧倒的に攻められながらも前後半の40分をしのぎ切ったことで、ベスト8進出といクラブ史上初となる快挙を達成することができました。
圧倒的に試合を支配していた相手チームの選手たちには少し申し訳なくも思いますが、この苦しい試合を教訓に、次の準々決勝ではKYSCらしいプレーを取り戻し、ゴールを奪って更に勝ち上がって行って欲しいと思います。

頑張れKYSC!(^O^)/


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

フットボールの楽しさを

今さらですが、新年明けましておめでとうございます( ´ ▽ ` )ノ
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

1月3日、KYSCの初蹴りで、親子サッカーに参加しました。
長年の運動不足のため、5分ほどで足が重たくなり、5・6年生の相手は少々ツラいものがありましたが、動けない分は頭を使って、流れを読んだり、ポジショニングを細かく修正したりして対抗しました。
運動量、スピードなどは若い頃と比ぶべくもないですが、正直昔よりも今の方が「サッカーが上手くなった。」と感じています。
そして今の方が本当に「サッカーの楽しさ」を感じてプレーできるようになっている気がしており、今年はもっと自分でプレーする機会を増やしていきたいですp(^_^)q 

一方、長男Rは初蹴りではFWでのプレーを思いっきり楽んでいましたが、その後にサンガカップメンバーだけが残ってのハードな練習で足を痛めてしまいました(>_<)
すでに復帰しましたが、サンガカップ1・2回戦には出場できませんでした。
でも、怪我をしたから余計にか、最近のRがボールと戯れる姿は本当に楽しそう(^_^)
ブラジル代表のロナウジーニョの全盛期は、あの顔のせいもあるかもしれませんが、笑顔で本当に楽しそうにプレーしていました。
今のRは、身体中から「サッカーが楽しい!」ってオーラが湧き出しています。
Rのように楽しそうにボールと戯れる子どもたちが日本中に溢れるようになった時、日本が「フットボールの国」になるのかなあと思ったりもします。

このブログも、Rのプレーはもちろん、徐々に「サッカーしようかな」度が上昇してきているTのことや、私自身のプレーっぷりなどを通じて、少しでも「フットボールの楽しさ」が伝えられるようなものになるといいな~と願いつつ、2012年の第一回目の記事とさせてもらいます。

これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m

↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

クリスマスカップ

今日はU-11のカップ戦がありました。
私には珍しく観戦に行けなかったのですが、Rの報告によると、2勝1敗1分で準優勝とのこと。
約20名の選手がいる5年生たちは、先日まで後期リーグ戦で府リーグで戦っていたレッドチームと地区リーグで戦っていたブルーチームのメンバーをごちゃ混ぜにして、前後半で総入れ替えしながら戦ったそうです。
10対0で大勝した試合もあるなど、レッドチームのメンバーはもちろんですが、ブルーチームのメンバーもリーグ戦を戦うことで確実にレベルアップしてきているようです。
やっぱり何より試合経験が子ども達を成長させるのでしょう。
これからますます楽しませてくれそうですp(^_^)q 

さてRによると、「今日は結構活躍したで」とのことで、4試合で4・5点(この辺がいいかげん^^;)入れ、たぶん10対0で勝った試合で(ここもいい加減)、ハットトリックしたそうです。
今日のベストゴールもたぶん(ーー;)その試合で、2トップの左側でプレーしていた時のこと。
「相手右サイドバックの33番(こういうことは憶えている…)がドリブルしようとしていたところを身体を入れて奪って、ドリブルするとセンターバックの36番(^◇^;)がきたのでボールを浮かせて右の脇の下を通して、次に相手のキャプテンが取りにきたので身体を揺らしてから右足でまたぎ(シザース)、左足のアウトでチョコンと出して抜いて、左足でシュートを決めた!」そうです(あー長い説明 ^_^;)。
まあとにかく、久しぶりにFWでたっぷりとプレーして楽しかった様子(^^)

その調子で、明日の区大会も頑張ってねo(^▽^)o

ところで、「クリスマスカップ」ということで、準優勝のトロフィーはサンタさんから授与してもらい、みんなでサンタさんと記念撮影したとのこと。
サンタさん、ありがとー(^o^)/


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

帰って来たストライカー?

日曜日の府リーグでのRについてです。

1試合目はスイーパー(1センターバック?)でフル出場。2失点は喫しましたが、まずますの内容だったと思います。
試合開始早々の1失点目は、相手のFWへの縦パスをRがインターセプトしようとしたところが、ボールが後ろにこぼれてしまい、そのFWに渡ってしまって独走を許したものでした。
結果として失点に繋がっており、Rのミスではありますが、完全に相手のパスを読んでの積極的なプレーを行った末のことであり、責めるものではないと思いました。
また、Rが言うには、相手のFWが後ろから引っ張ったためにバランスを崩し、ボールを後ろにこぼしてしまったとのこと。ファウルにならず、得点が認められた限り言い訳にしかなりませんが、確かに遠くから見ていてもRの動きがかなり不自然なものではありました。
それはともかく、この失点の後も守備はもちろん、攻撃面でもFWへの縦パスを通してリズムを変えるなど、ミスに落ち込まず、積極的なプレーを続けていたのはとても良かったと思います。

2試合目もスイーパーで先発出場しましたが、前半に2対0とリードしたところでFWのRんたとポジションを変えるように指示があり、久しぶりにFWでプレーすることになりましたo(^▽^)o
これには本人もびっくりだったようですが、何度も前線でボールを受けて攻撃の起点になったり、ディフェンダーで鍛えた守備力を生かして相手ディフェンダーからボールを奪ってチャンスを生み出したり、待望のFW起用を楽しんでいるようでした。
そして、トップ下のRうきのスルーパスを呼び込むと、キーパーとの1対1を落ち着いて制して、ゴールを挙げました。前半途中からの10分ほどの間にちゃっかりとゴールを決めるあたりはRらしい勝負強さだと思います。
後半も楽しみにしていたのですが、今度はトップ下にポジションチェンジ。でも実際にはトップ下というよりは中央でボールをさばき、次々と選手やポジションが入れ替わる中でゲームを組み立てていたような感じでした。
ドリブルで2・3人をかわしてゴールに迫る(シュートの威力が足りずキーパーにセーブされた)など、見せ場も作り、芝生でコントロールしやすかったのか、ほとんどミスなくプレーでき、充分に合格点のあげられる内容だったと思います。

でもやっぱり、ほんの10分ほどだったけど、FWでプレーするRが観ていていちばんワクワクしましたo(^▽^)o

1月のサ○ガカップを前に、「帰って来たストライカーR」をもっと試して貰えないかなあ、と勝手なことを思う親バカなのでありました(#^.^#)

↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

U-11府リーグ最終節(2011/12/18)

久しぶりの更新ですm(_ _)m

KYSC5年生レッドチームの府リーグ最終節が亀岡陸上競技場の芝生のグラウンドで行なわれました。

ここまで4戦2勝1敗1分の勝ち点7。優勝や来年の府1部リーグ昇格のためにはこの日2試合を2連勝で終えたいところです。


vs NおかJFC
 前半 1-2 Rんた
 後半 1-0 Rうき
 合計 2-2 引き分け

序盤に守備のミスからはやばやと2点を失う苦しい展開。ただどちらのミスも技術的なもので判断が悪かった訳ではないので、今後充分修正が可能なものです。
とはいえ、やはり重苦しいムードが漂いましたが、前半のうちにFWのRんたがフィジカルとスピードを活かして強引に1点をもぎ取ってくれましたp(^_^)q
逆に1点差になってからは押せ押せムード。
相手も粘り強く守っていましたが、後半にRうきが混戦を押し込んで同点とし、一気に逆転の期待が高まりました。
さらにその後も押しまくり、コーナーキックのボールをKんたがヘディングで合わせたボールがクロスバーを叩くなど、チャンスを作りましたが、最後まで勝ち越せず、残念ながら痛み分けのドローという結果に終わりました。
でも、前半早々に2点をリードされるという苦しい展開から、沈滞ムードを吹き飛ばし、よく同点に追いついたとも思います。

もはや順位は他チームの結果次第ですが、まずは最後の試合に必勝を期して臨みました。


vs Aべ
 前半 3-1 Kうき、Rんた、R
 後半 2-0 Hろと、Rうき
 合計 5-1 勝ち

序盤からボールを支配したKYSCは、右サイドを突破したKうきがそのまま中央へ切れ込んで先制すると、続けてRんたが追加点。
すると早くもポジションを変えてのテストモード?に入りましたが、カウンターから失点して1点差に追い上げられます。
その後しばらく1点差のまま緊張感の漂う試合になりましたが、前半終了前にRが決めて再び2点差として前半を終えることができました。
後半はさらに次々と選手やポジションを入れ替え、バランスを崩しかけるところもありましたが、Hろと、Rうきと途中からFWに入った選手が追加点を挙げて、5対1の快勝で最後の試合を締めくくりました(^_^)v


リーグ戦全日程を終わり、6戦して3勝1敗2引分けの勝ち点11でグループ3位(たぶん)でした。
来年の6年生でのリーグ戦は府2部で戦うことになるようです。
もちろんできれば1部で戦って欲しかったですが、2部でも府内の強豪チームと戦うことができるので楽しみです。
今度こそ「優勝」できるように、また頑張って練習しようね!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

12/11のツイートまとめ

ataru88

おはようございます( ´ ▽ ` )ノ
12-11 05:38

あー疲れた。ホンマに疲れた。でも実に心地よい疲れ♪( ´▽`)
12-11 16:59

学ぶことをやめたら教えることをやめなければならない
12-11 18:18

 NEXT>>
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示