FC2ブログ

ベスト8への道のり

1月の京都では、府内から122チームが集い、6年生にとっては小学生最後の公式戦タイトルを目指して熱戦が繰り広げられています。
これまでのKYSCの戦いを振り返りたいと思います。


1日目 1月9日(月・祝)

1回戦 vs FくさB

 前半 2-0 Rんた(Kだい)、Kま(Rんた)
 後半 2-0 Kま、Kんた(Kう:CK)
 合計 4-0 勝ち

内容、結果共に圧倒し、幸先の良いスタートが切れました。
出足が鋭く常にボールをキープして攻め続けました。

一方、敗れた相手チームの選手達が泣きながらベンチに帰ってく姿を目の当たりにして、トーナメントの厳しさと、これが6年生にとって最後の公式戦なんだという事を改めて感じさせられました。


2回戦 vs Sさい

 前半 4-0 Kま(Rうき)、Rうき、Rうき、OG
 後半 1-0 Kま(Rんた)
 合計 5-0 勝ち

1回戦に続いての圧勝でしたが、点差ほどチーム力に差があるとは思いませんでした。
序盤に相手ディフェンスが不安定なところにつけ込んで得点を重ねたことで点差がつきましたが、後半には相手の大型FWに何度か決定的なチャンスを作られるなど、ピンチもかなりありました。


2日目 1月14日(土)

3回戦 vs Oぐら

 前半 0-1
 後半 2-0 Kう:FK、Kま
 合計 2-1 勝ち

凄く面白くて、いい試合でした。

前半、両サイドを中心に多彩な攻撃で相手ゴールを脅かしたKYSCに対して、相手チームもセンターフォワードを中心としたカウンターで対抗してきました。

そんな中で、先制点はOぐら。フォワードの選手はオフサイドポジションにいましたが、判断よくボールに関与しないことをアピールしてオフサイドにはならず、後ろから出てきた選手がキーパーとの1対1を冷静に流し込みました。
オフサイドだと思って全員が動きを止めてしまったのが原因ですが、これは相手の選手の判断が素晴らしかったと思います。

この後もボールを支配したのはKYSCでしたが、なかなか同点ゴールか決められません。
後半途中、ベンチからの指示でセンターバックのKうとボランチのAっくんのポジションを入れ替え、攻撃にシフトチェンジ。するとこの直後、Kうが中盤でドリブルを始めると相手選手がファールを犯し、フリーキックが与えられました。
センターサークル付近のかなり遠い位置でしたが、Kう自ら蹴ったボールは相手ゴールに吸い込まれました。
フリーキックはもちろんですが、それまでチームになかった中央をドリブルで運ぶという選択・判断が、リズムの変化を生み、相手のファールに繋がった素晴らしいプレーだと思います。

エースのスーパーゴールで勢いに乗ったKYSC。今度はKまが得意のドリブル突破からゴール!
見事な逆転勝利を収めました。

結果的にゴールこそ「個の力」で奪いましたが、これらのゴールを生んだのは間違いなくチームの力。
不運な失点に挫けることなく、最後まで全員が勝利に向かって懸命に戦ったからこそ得られた結果です。
劇的な試合展開も相まって、正直かなり感動して思わず涙腺がゆるんでしまいましたよヽ(;▽;)ノ


4回戦 vs ANすじ

 前半 0-0
 後半 0-0
 合計 0-0 引き分け

 PK戦
  KYSC ◯×◯◯ 3
  ANすじ ×◯×× 1

3回戦の素晴らしい試合から一転、圧倒的に攻められて耐える展開。
何度もキーパーと1対1の場面を作られましたが、そのたびにGKのRたろうがスーパーセーブでチームを救ってくれました。この試合のマンオブザマッチは文句なしでRたろうでしょう!

この日のRたろうは、1試合目から前に出る判断が素晴らしく、キックの威力・精度も向上して、1週間前の試合よりも遥かに成長していると感じました。背は低いですが、まさに「頼れる守護神」に成長してくれました。

苦戦の原因としては、相手が前線から厳しくプレッシャーをかけてきたことに対して、KYSCのディフェンスや中盤の選手のミスが多くなり、ボールを簡単に失ってしまったことがあげられます。
プレッシャーが厳しく、判断する時間が少なくなると、得意のピッチを広く使ってパスを繋ぐサッカーができなくなるという、主に技術的な問題と、この試合では開始直後にディフェンス陣のミスから立て続けに決定的なピンチを迎えたために、精神的に受け身にまわり、自分たちのリズムでプレーできなくなったというメンタル面の問題も大きかったと思います。

ともあれ、圧倒的に攻められながらも前後半の40分をしのぎ切ったことで、ベスト8進出といクラブ史上初となる快挙を達成することができました。
圧倒的に試合を支配していた相手チームの選手たちには少し申し訳なくも思いますが、この苦しい試合を教訓に、次の準々決勝ではKYSCらしいプレーを取り戻し、ゴールを奪って更に勝ち上がって行って欲しいと思います。

頑張れKYSC!(^O^)/


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



U-11府リーグ最終節(2011/12/18)

久しぶりの更新ですm(_ _)m

KYSC5年生レッドチームの府リーグ最終節が亀岡陸上競技場の芝生のグラウンドで行なわれました。

ここまで4戦2勝1敗1分の勝ち点7。優勝や来年の府1部リーグ昇格のためにはこの日2試合を2連勝で終えたいところです。


vs NおかJFC
 前半 1-2 Rんた
 後半 1-0 Rうき
 合計 2-2 引き分け

序盤に守備のミスからはやばやと2点を失う苦しい展開。ただどちらのミスも技術的なもので判断が悪かった訳ではないので、今後充分修正が可能なものです。
とはいえ、やはり重苦しいムードが漂いましたが、前半のうちにFWのRんたがフィジカルとスピードを活かして強引に1点をもぎ取ってくれましたp(^_^)q
逆に1点差になってからは押せ押せムード。
相手も粘り強く守っていましたが、後半にRうきが混戦を押し込んで同点とし、一気に逆転の期待が高まりました。
さらにその後も押しまくり、コーナーキックのボールをKんたがヘディングで合わせたボールがクロスバーを叩くなど、チャンスを作りましたが、最後まで勝ち越せず、残念ながら痛み分けのドローという結果に終わりました。
でも、前半早々に2点をリードされるという苦しい展開から、沈滞ムードを吹き飛ばし、よく同点に追いついたとも思います。

もはや順位は他チームの結果次第ですが、まずは最後の試合に必勝を期して臨みました。


vs Aべ
 前半 3-1 Kうき、Rんた、R
 後半 2-0 Hろと、Rうき
 合計 5-1 勝ち

序盤からボールを支配したKYSCは、右サイドを突破したKうきがそのまま中央へ切れ込んで先制すると、続けてRんたが追加点。
すると早くもポジションを変えてのテストモード?に入りましたが、カウンターから失点して1点差に追い上げられます。
その後しばらく1点差のまま緊張感の漂う試合になりましたが、前半終了前にRが決めて再び2点差として前半を終えることができました。
後半はさらに次々と選手やポジションを入れ替え、バランスを崩しかけるところもありましたが、Hろと、Rうきと途中からFWに入った選手が追加点を挙げて、5対1の快勝で最後の試合を締めくくりました(^_^)v


リーグ戦全日程を終わり、6戦して3勝1敗2引分けの勝ち点11でグループ3位(たぶん)でした。
来年の6年生でのリーグ戦は府2部で戦うことになるようです。
もちろんできれば1部で戦って欲しかったですが、2部でも府内の強豪チームと戦うことができるので楽しみです。
今度こそ「優勝」できるように、また頑張って練習しようね!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

地区リーグ 2011/11/23

久しぶりの更新です(^^)

KYSC5年生ブルーチーム、地区リーグ戦。準ホームグラウンドであるT中学校での試合です。
3日前の日曜日に2戦2勝の好スタートを切っており、さらに連勝を伸ばすことに挑戦しました。


vs Rほく
 前半 1-0 Rうご
 後半 0-0
 合計 1-0 勝ち

前半から試合を支配し、FWに入ったRうごのゴールで先制。終盤に少しバランスを崩して押され気味になりましたが、しっかりと守り切りました。

これで開幕からの連勝は3に伸びました(^_^)v
そして、この連勝は決してフロックではないと言える内容を伴った勝利でした。
具体的には、意図を持ってボールをつなぎ、サイドを使った攻撃ができている、と感じました。

もう少し細かいことを言えば、
止めて、ボールが持てる→まわりが見える→パスを出せる
というサイクルができているかなと。
「止めて、ボールが持てる」という技術面の向上が、「パスをつなぐ」というサッカーのもっとも基礎的なチーム戦術の実行を可能にしたと思います。

ただ、もちろん課題もあります。
この試合で感じたのは、簡単に抜かれる場面が目立った1対1の守備、意図したところ・タイミングに蹴れるキック強度・精度の向上、キーパーを含めたカウンターに対する守備意識・指示の声、といったところです。


vs RおB
 前半 0-1
 後半 0-2
 合計 0-3 負け

終わってからならなんとでも書けますが、私はこの試合は負けるんじゃないかと思っていました。
理由はいくつかあって、ひとつは彼らが勝つことに慣れていないこと。そんな彼らが勝ち続けることによって、気持ちが浮ついてしまうというか、試合に対する集中力が低下してしまう危険性が高まること。
さらに、ホームということもあっていつもよりも多い応援の中で緊張してしまうこと。これは1試合目から、キーパーRうのらしくないキックミスなどに表れていると思いました。
それから、理由と言える理由じゃないかもしれませんが、KYSCのRおに対する相性の悪さということもありました。

試合は、スコアから感じるほどの完敗ではありませんでした。
むしろ内容では押しながら、カウンターを受けた時にセンターバックのRすけが孤立して失点してしまいました。キーパーRうからの指示の声や、Rすけ自身が味方を動かす声が欲しかったとところです。

そして、試合途中、3点を失った責任を感じてか泣き出したRすけ(・_;)
失点は一人の責任じゃなくて、チームみんなの責任だから、抱え込む必要はないけど、その気持ちがあれば、これからもっともっと上達できるよ。頑張れ!!


さて、リーグ戦終了後、今週末に府リーグを戦うレッドチームがRほくさんと練習試合をしてもらいました。

終始試合を支配しての大勝でしたが、相手は公式戦を戦った直後の試合で疲れもあったでしょうし、結果は問題ではありません。
ほとんど攻められる場面もなく、大きく破たんすることはありませんでしたが、守備面ではブルーチームと同じ弱点が見受けらました(詳しくは書きませんが^_^;)。
また、攻撃面でも個人の能力に頼って、チームでいい攻撃ができていたとは言い難い内容でした。

最近は内容が乏しくても勝ててしまう試合が続いており、府リーグで集中して試合に臨めるのか、かなり不安を感じます。
今週戦うFれすと、Lふぁんの2チームにはどちらも勝ったことがあり、そのことも慢心を生むかもしれません。

うーむ、ここはいっちょ気合入れてやるか~!?


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

練習試合 2011/11/03

11月3日文化の日、午後からKYSC5年生の練習試合がありました。

対戦相手は、コーチ同士が先輩後輩の間柄というDごさん。
KYSCは基本的に府リーグに参加するレッドチームと地区リーグに参加するブルーチーム、Dごさんはおそらく5年生のAチームと下級生も混ざったBチームで、それぞれ15分交代で試合を行いました。


レッドチーム

 1試合目 1-0 Rうき
 2試合目 0-0
 3試合目 1-1 Rんた(Rうき)
 4試合目 2-0 Rんた、Rうき(Rんた)
 5試合目 3-0 Rんた(R)、Sせい(Rんた)、Rうき(Kうき)
 6試合目 3-0 Rんた(Sせい)、R、R(Rんた)

4勝2引き分けと、まずまずの結果でした。

内容的には、ボールは支配できていたので、サイドチェンジを使うなどより多彩な攻撃ができるようになって欲しいのと、フィニッシュの精度・決定力が課題でしょうか。


ブルーチーム

 1試合目 3-0 Sせい、Sせい、Sせい
 2試合目 0-0
 3試合目 0-0
 4試合目 0-0
 5試合目 1-2 Rう

1勝1敗3引き分け。五分の結果でした。

一人ひとりの技術が向上してきて、かなり試合内容がよくなってきています。
課題はレッドと同じくフィニッシュの部分。
あと、ブルーチームの方はもっとお互いに声を出し合えるようになれば、より良いプレーができるようになると思います。


それから、この日は途中からブルーチームのSせいがレッドチームに入り、ボランチで試されていました。

おそらくこれは6年生チームを想定してのもの。
たび重なる怪我に苦しんできたSせいですが、完全復活を遂げ、プレースピードの向上など、目覚ましい成長は、負けず嫌いのRも認めるところです。
この日も持ち前の視野の広さとパスセンスを発揮して、チームに良いリズムをもたらしていました。
復活したSせいが、6年生チームに欠けていた最後のピース、「リンクマン※(≒ボランチ)」になってくれるかもしれません。
(※以前の記事「リンクマン」が必要を参照)

今後のSうせいの活躍に期待です!!
(…と、ひとり盛り上がっているサッカーマニアオヤジm(_ _)m)


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね(^_^)
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

「リンクマン」が必要

私が子供の頃、中盤の選手は「リンクマン」と呼ばれていました。
その役割は、名前のとおり「つなぎ役」。後方からのパスを受け、前線の攻撃の選手にボールを供給する選手です。
今では「ボランチ」なんてかっこいい名前もありますが、当時の「つなぎ役」という呼び方に、「何だか地味だなあ」と思いながらプレーしていたものです。

今、KYSCの6年生チームにはまさにその「リンクマン」が必要とされています。
キーパーを含めたディフェンスラインから丁寧にボールをつなぐサッカーを志向するKYSC。
日頃のトレーニングの成果で、ディフェンスラインでボールを回すことはかなりできるようになっています。
しかし、そこから前へのボールの運びが、縦へ縦へと単調になってしまっています。例えば右サイドバック→右MF→右FWみたいな流れです。
中央でボールを受けて、逆サイドに展開したり、中央に縦パスを出したり、あるいはやっぱり同サイドに戻したりと、いろんなところにボールをさばける「つなぎ役」がいれば、多彩な攻撃が展開できて、もっと得点のチャンスが増えるのですが…

日曜日の練習試合でも中盤のつなぎ役を様々な選手で試していましたが、なかなか決め手がなく、まだまだ試行錯誤が続きそうです。
ドリブルなど、当時の私よりはるかにテクニックのある今の子ども達が、ボールをシンプルにつなぐことに汲々としているのは、にわかに信じ難い光景ですが、紛れもない事実。
「まわりを見て、狙ったところに蹴る。」言葉にすると簡単ですが、なかなかそれが難しいみたいですね。
実戦経験を積んで、慣らしていけばできるようになるものなのか、ある種の才能みたいなものが必要なのか、よくわかりませんが、とにかく「リンクマン」出てきておくれ~(^人^)

ちなみにうちのRも試されてまして、つなぎ役もできるんですが、親バカ的にはゴールに近いところでプレーしたほうが持ち味が発揮できると思っています。
だから、勝手なお願いだけど、誰か頑張ってくれ~m(^_^)m

府リーグ開幕(U-11後期リーグ)

昨日(10/16)、5年生:U-11の後期リーグ戦、府リーグが始まりました。

府内各地区のリーグ戦上位の28チームが、7チーム×4ブロックに分かれて一回戦総当りのリーグ戦を行います。
前期地区1部リーグで3位に入りこの府リーグ出場権を得たRたちKYSCレッドチーム(※)は、抽選でBブロックに入りました。
(※後期からは5年生を府リーグで戦うレッドチームと新たに地区リーグで戦うブルーチームの2チームに分けて戦う。)

府内各地から強豪の集まるこのリーグでは、今まで戦ったことのないチームと戦えるのも大きな楽しみ。
この日の2試合も早速初対戦の2チームとの対戦でした。


vs Tどう
 前半 0-0
 後半 0-0
 合計 0-0 引き分け

前後半を通じて何度も決定的なチャンスをつくりましたが、相手キーパーの好セーブもあってゴールが奪えず、スコアレスのドローに終わりました。
逆に相手のフリーキックがクロスバーを直撃したり、カウンターからキーパーと1対1の場面をつくられるなど、危ない場面もありました。

緒戦の緊張からか、全体的に動きが硬く、イージーミスも目立つ試合でした。
「決定力不足」は、確かにシュートを撃つ各個人の技術・メンタルの部分が大きいですが、この試合ではそもそものシュートチャンスもスルーパス一本や、ドリブル突破など、ほとんどが個人で作ったものだったことも事実。
シュートをキーパーに弾かれても詰める選手がいるなど、分厚い攻撃ができていれば、得点できていたかもしれません。
全員で守り、全員で攻める。そんなサッカーをもっともっと魅せてもらいたいと思いました。


vs Mうし
 前半 3-1 Kうき(R)、Kうき(R)、Rんた
 後半 2-0 Rんた(Rうき)、R
 合計 5-1 勝ち

2試合目、試合前の子ども達に「頑張れよ!」と声をかけた時、初戦でミスをしてしまった子達の表情は硬くなってしまっていました。
しかしそんなムードも、Kうきの先制点が決まるとどこかへ吹き飛んだ様子。中盤を厚くするフォーメーション変更も効を奏したか、怒涛(おおげさ?)のゴールラッシュで快勝することができました(^o^)v

この勝利で自信を取り戻したか、子ども達にも笑顔が戻りました(^^)
試合が終わってから帰りのバスの時間まで2時間近く待つ間も、柿を採ったり、栗の実を割ったり、普段の都会での生活ではなかなか経験できない自然の中での遊びを満喫してきたようです。

南北に長い京都府のリーグということで、これからも電車やバスを乗り継いだり、いろんな場所での試合になるかもしれませんが、知らない土地へ行き、新しいことを知る、とってもいい経験になると思うので、サッカーだけでなく、いろいろなことを楽しんできてもらいたいと思います。

そして、自分達の試合はないけど、チームとして一緒に遠くまで来てくれたブルーチームのみんな、ありがとう!
地区リーグで頑張って、来年は2チームとも府リーグで戦おうねo(^▽^)o

それから、以前に一緒にバスで遠征して仲良くなった太秦チームのみんな、応援してくれてありがとう(^o^)/
来年1部リーグで戦えるように、お互い頑張ろう!


↓よろしければ、クリックして応援してください。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

練習試合 2011/09/25

この日はSがさんと練習試合がありました。
6年生は11人制、5年生は8人制で、15分1本で交代しながら試合。
5年生は後期を府リーグで戦うレッドチームと、地区リーグで戦うブルーチームに分けて、7分半ずつで交代しました。

6年生    0-1
5年レッド  3-0 R(Kうき)、R(Rうき)、Kうき(Rうき)
5年ブルー 0-1 

6年生    1-0 Yすけ
5年レッド  1-0 Rんた(Hろと)
5年ブルー 0-3

6年生    2-0 Mりお、OG(Kま)
5年レッド  1-0 Kんた(Rんた:CK)
5年ブルー 0-0

6年生    0-3
5年レッド  1-1 Rうき
5年ブルー 0-1


6年生は2・3試合目とディフェンスが安定してきたかな?と思っていたら最後は3失点と、すこし不安定な試合になってしまって残念でした。
何人かの主力や5年生が抜けたこともありますが、この日はあまり声が出ていなくて元気がないような気がして、ちょっぴり心配です。

5年生レッドチームは多くが一昨日まで6年生チームで活躍していた選手たち。
1試合目は6年生チームでのポジションを基本にプレーすると、さすがの貫録と思わせる内容で圧倒しましたが、2試合目以降8人制に向けて色々ポジションを変えて試していくと、だんだんバランスが崩れていってしまいました。
特に担当コーチ不在で戦った最後の4試合目は、たまたまブルーと交代する直前に同点に追いついたものの、集中力を欠いたひどい内容でした。「君らはコーチがいないとサッカーできないんか!?」と言いたくなるようなプレーでした(-_-;)

5年生ブルーチームは、まだまだポジションも固まらず、結果は出ませんでしたが、選手1人ひとりのプレーはトラップやドリブルなどの技術面で着実に成長していると思いました。
ただ、まだまだボールばかり見てしまう選手が多いので、周囲の状況を見たり、先のプレーを予測したりできるようになるともっとチームとしてよくなっていくと感じます。


最後にこの日のRのプレー。Rは5年生レッドチームです。
1試合目はセンターフォワードで2得点とキッチリ結果を出しました。
3試合目のセンターバックの時はほとんどプレー機会はありませんでしたが、まあ安定したプレーだったと思います。
ただ、2試合目が右サイド、4試合目が左サイドでプレーしたのですが、どうもサイドでプレーする時はドリブルで勝負を仕掛けたくなるのか、少しボールを持ち過ぎる傾向があるように思いました。簡単にプレーするところと勝負を仕掛けるところの見極め、判断がサイドでプレーする時の課題だと思いました。
それでも、左足でピンポイントクロスを上げるなど、最近ピントがズレ気味だったパスの精度は戻ってきたようなので、それについてはひと安心といったところです。



↓よろしければ、クリックして応援してください。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

H堂カップ地区予選(U-12)

9月23日(金・祝)U-12の公式戦、H堂カップの地区予選が行われました。
地区を何ブロックかに分けて、ブロック優勝のチームには関西大会の出場権が与えられるということです。
今年度から少年サッカーに本格的に8人制が導入されましたが、京都では6年生のこの大会から11人制となります。


1回戦 vs Mまち

 前半 5-0 Rうき、R(Kま・CK)、Rうき、Kうき、R(Kうき)
 後半 1-0 Yう
 合計 6-0 勝ち

直前の練習不足、キャプテンとエースの不在という不安要素のあった試合でしたが、大量得点、無失点での快勝でした(^o^)
前半、前線の5年生トリオのゴールで大量リードすると、後半からは選手をどんどん入れ替えながらも、追加点を奪い、無失点で試合を終えることができました。


2回戦 vs Rお

 前半 0-0
 後半 0-0
 合計 0-0 引き分けでPK戦へ

 Rお   × × ○ ○ ○  3
 KYSC × ○ × × -  1

PK戦の結果、2回戦敗退となりました(T_T)
この試合からキャプテンとエースが復帰し、ベストメンバーで臨んだKYSC。
試合開始から終始優勢に試合を進めましたが、ゴールを割ることができませんでした。
前半に何度もあったチャンスに1つでも決められていれば、全く違う試合展開、結果になっていたかもしれません。しかし、決めるべき時に決めていかないと、勝利の女神がそっぽむいてしまうことはフットボールではよくあること。
まあ後半何度かカウンターでピンチを迎えながらも無失点で終えたのは評価してもいいと思います。

2回戦で敗退という残念な結果に終わりましたが、この試合で子どもたちは「ゴールを決めなければ勝てない」という当たり前だけど厳然たる事実に改めて突き当ったのではないでしょうか。
この試合を糧に、1点の大切さ、ゴールの大切さに気付き、今後更に練習に励み、成長してくれることを信じています!p(^o^)q


さて、この日のRについて。

1回戦は2トップの右で前半のみ出場し、2ゴールをあげました。
特にKまの右からのコーナーキックを右足のダイレクトボレーで叩き込んだ1点目はインステップでしっかり捉えた気持ちのいいゴールで、Rもかなり嬉しかったみたいです(^^)
少し気になったのは、パスミスが多かったこと。狙っているところから少しズレたり、弱すぎたりということが何度かありました。パスの正確さもR持ち味のひとつのはずなんですが、最近はどうも微妙にコントロールがくるっているような気がします。

2回戦は同じく2トップの右のポジションでフル出場。しかしノーゴールに終わり、チームを勝利に導くことができませんでした。
前後半に1度ずつ、前に出てきたキーパーの上を越えるシュートを狙いましたが、1度はキーパーのファインセーブに阻まれ、2度目はキックミスで高く上がりすぎてしまいました。この2本に限らず、シュートの狙いはよかったけれど、狙い通りに蹴れなかったという場面が多くありました。
1試合目のパスミスもそうですが、どうも最近はキックの感覚が変わって来ているのかもしれません。R本人もキックを自分の課題として認識していると思うので、しばらく見守ろうと思います。

まだまだミスも多いけど、常にシュートを意識して、どんどんチャレンジして、「ゴール」でチームに勝利をもたらせられるよう、頑張って練習しようね!(^o^)」


↓よろしければ、クリックして応援してください。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

U-12 KG大会 1位トーナメント

8月27・28日の2日間で行われた大会の2日目です。
初日の予選リーグを3戦3勝のグループ1位で通過したKYSCは、各グループの1位4チームによる1位トーナメントに臨みました。


vs M・Kトレセン
 前半 3-2 Kま、Kうき、Kうき
 後半 0-0
 合計 3-2 勝ち
トーナメント緒戦は、この大会で2度目となる地域トレセンとの対戦になりました。
前日と同様、個人技に優れる相手に対してチームワーク、パスワークで対抗したいところです。

ところが、試合開始早々、前日の勢いそのままにKまの豪快なゴールで先制しました。
その後一度は同点に追いつかれるも、好調のKうきが爆発的なスピードを生かした連続ゴールで3-1とリード。
このままの勢いで押し切りたいところでしたが、前半終了前にまたもディフェンラインのミスから失点を喫し、3対2の1点リードで前半を終えました。

前半だけで両チーム合わせて5ゴールという試合とディフェンスラインを落ち着けるためか、後半からはフォワードのRを右センターバックにポジションチェンジ。
それでも前に後ろに忙しい、慌ただしい試合が続きましたが、ディフェンスラインでの大きな破たんを生じることなく、何とか逃げ切りに成功しました。

試合内容はともかく、強敵相手に勝利を挙げたことはまたひとつ選手たちの自信になったと思います。
しかし、この試合でも2失点ともディフェンスラインでのミスからの自滅というパターンであり、やはり今後修正が必要だと思いました。


vs KK支部選抜
 前半 0-1
 後半 1-2 Kう
 合計 1-3 負け
決勝戦の相手は、同じ市内のおなじみのチームからの選抜チーム。
トレセンチームではありませんが、府トレセンメンバー3名をはじめ、強豪チームから選抜された優れた選手たちを擁する強敵です。

アンセムが流れる中、審判団を先頭に両チームの選手が入場。
ここまでは経験済みでしたが、この大会では入場行進中に両チームの選手の名前まで読みあげられるオマケ付きでした(^^)

試合開始の笛が鳴ると、決勝戦の緊張からか、単に実力の違いか、序盤から自陣に押し込まれるKYSC。
そしてもはやお約束という感のあるディフェンスラインでのミスから早々に失点を許しました。
その後も猛攻を受けるKYSCは、ほとんどパスをつなぐことができず、ゴールキックなど後方から大きなボールを出して一発にかけるばかり。それで何度かチャンスはつくりましたが、ゴールを割るまでには至りません。

後半、選手交代で中盤の選手を入れ替え、何とか主導権を奪おうと試みますが、やはりパスはなかなか繋がらず、試合の流れは変わりません。
2点を追加されて0対3。試合の大勢は決しました。
その後、次々と選手を入れ替える余裕を見せる相手に対し、後半途中からフォワードの位置に上がったKうが意地のゴールを挙げますが、もはや焼け石に水でした。

最終的に1-3での敗戦ですが、スコア以上の完敗orz
何度も何度も決定的なチャンスをつくられ、もっと点差が開いてもおかしくない内容でした。

チーム全体でボールを回し、ピッチを広く使うKYSCのサッカーはパスが生命線。
しかしそのパスが、少し相手のプレッシャー・寄せが速くなると、繋がらなくなってしまいます。
ある程度自由にさせてもらえる相手なら、トラップして周りを観てからパスを出しても繋がりますが、レベルが上がるとそんなに時間と余裕を与えてもらえません。
今までトラップしていたところをダイレクトで出したり、足下に止めていたところをすぐに蹴れる場所に置いたり、トラップする前に周りの状況を確認したりと、これまで以上に細かい技術面を磨いていく必要性を大きく感じる試合でした。

また、この試合の相手は、もちろん個人の能力は優れていても、いわば寄せ集めの急造チームです。
そんなチームでもボールを失わずにパスを繋いで攻撃ができるのは、パスコースがなければ一旦落ち着いてボールをキープし、場合によってはドリブルで相手を外してパスコースをつくってからパスを出すというプレーが出来るから。
「パスサッカー」をするから個人の技術がいらないわけではなく、基盤となる技術があるからこそパスが繋げ、レベルが上がれば上がるほど、「止める、蹴る、運ぶ」の基礎技術が必要であるということを再確認できる良い経験になったと思います。


「準優勝」という予想以上(失礼!)の結果を残せたとともに、決勝戦の完敗で「上には上がいる」ことを思い知らされ、子どもたちには本当に良い経験になったと思いますし、応援した保護者たちも大満足の大会でした(^^)/

9月に予選が始まる公式大会に向け、また今日から頑張って練習してね!!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

U-12 KG大会 予選リーグ

8月最後の週末。2日かけての大会が行われます。

参加16チームには○○地区トレセン、××地域選抜、△□合同チームなどなど、「いい選手がたくさん観れるかなぁ?」と期待して観戦に行ってきました。

土曜日は4チームずつに分かれてのリーグ戦です。


vs Hがわ
 前半 1-1 Kうき
 後半 1-0 Kう(Tお)
 合計 2-1 勝ち
試合開始早々、いつものようにディフェンスラインでのミスが出て自滅する形で先制点を与えてしまいました。
いつもならここからズルズルとミスが続くところでしたが、この試合は徐々に落ち着きを取り戻し、ボールを支配し始めます。そして、リズムが出てきたいい時間帯でKうきの同点ゴールが決まりました。
同点で迎えた後半は圧倒的にボールを支配し、ポスト直撃のシュートなど、決定機を何度も作りました。
なかなか追加点が奪えない中、KYSCはフォワードのRとセンターバックのKうのポジションをを交代させ、追加点を狙いに出ます。そしてついに、試合終了間際にKうが豪快にゴールに突き刺して勝ち越し!
見事采配的中で緒戦を勝利で飾りました(^o^)b

vs Tトレセン
 前半 1-0 Kうき
 後半 1-0 Kうき
 合計 2-0 勝ち
2試合目はトレセンチームとの対戦ということで、高い技術を持った相手とどんな戦いができるかが注目でした。
序盤こそ、相手の個人技と寄せの速さに押し込まれましたが、それをしのぐと、ピッチを広く使ってボールを支配しはじめるKYSC。
素早く、広く、ボールを回し、ゲームをコントロールする様子は、私が今まで観た中でベストゲームと言っていいと思います!
確かに、最終的に2つのゴールは豪快にドリブルで突破したKうき個人の力ですが、そのKうきのところまでしっかりとボールを繋いだのはチームの力です(^o^)/

これで2試合ともKYSCらしいプレーで連勝を飾りました。
しかし、これで安心、油断することなく、3試合目を全力で勝ち切ることが大切です!

vs NJFC U-11
 前半 2-0 Kま、R
 後半 2-1 R(Yう)、Kう
 合計 4-1 勝ち
前半で2点のリードを奪いましたが、決して内容はよくありません。
U-11とは思えない相手の速い寄せに慌ててボールがなかなかうまく回せません。ゴリ押し気味のカウンターで2点を取れたのはラッキーだったと思います。
後半も同様に自分たちのプレーができないままでしたが、一瞬の隙をついて3点目を加えて試合としては勝負あり。最後は控え選手もたくさん出場させることができました(1点は失ってしまいましたが・・・)。


いい内容で勝てた2試合と、内容はイマイチだけど点差はいちばん開いた3試合目。
チームのいいところと問題点が改めて出た予選リーグでした。

そんな中で、3連勝で1位でリーグ通過という素晴らしい結果を得たことで、2日目の日曜日は1位トーナメントで更なる強敵と戦うチャンスを得ることが出来ました。

昨日よりも更にいいプレーを期待しているよ!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
 NEXT>>
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示