FC2ブログ

バルセロナの試合を観て

バルセロナ対スポルティング・ヒホンの試合を観ました。
バルサの楽しいサッカーを観て楽しませてもらいました。

観ていてふと思いついたことが。
昨日のRの練習を見ていて、味方を困らせるパスを出していると思ったのですが、
 1/30の練習
もしも受け手がシャビやイニエスタやメッシだったら、難なくコントロールできるようなパスも多かったのではないか?と。
もちろん、世界のトッププレイヤー達と小学3年生の子ども達を比べることに無理があることは百も承知ですが、ただ、小さい頃からプレミアリーグやリーガエスパニョーラなど、世界のトッププレイヤー達を見て育ったRのイメージには、彼らのプレーがあるかもしれないということなのです。

私は昨日、Rからのパスを受けた子達が敵のプレッシャーを受けて困っている(ように見える)という「(目に見える)結果」だけでプレーを評価していましたが、そのプレーに込められている「意図、イメージ」まで含めて考えないといけないということを感じました。

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



1/30 今日の練習

今日は上級生は試合があったのか、3年生だけの練習。2チームに分かれて、それぞれにコーチが付いて広いコートでの紅白戦。

かなりパスをもらう動きやサイドチェンジなど、戦術的な指導を受けている様子。
誰かの言葉で、「サッカーはサッカーをすることでしか上手くならない。」という言葉があったけど、試合形式で練習をすることで、3年生達はどんどん上達してきていると思います。
もちろん、まだまだこれからの3年生達。動き方などで戸惑っている場面も多いけど、試合も増えてきたし、これからが楽しみです(^o^)

うちのRは、左のサイドバックの位置に入っていました。
センターバックに戻して組み立てなおすことを指導されているようですが、その意識が強すぎて、センターバックの子のすぐそばに敵がいるのにパスをして、センターバックの子が困ってしまう場面が何度かありました。
やはりまだまだボールと味方にだけ意識がいってしまい、敵の位置や動きまで見えていません。
敵を見て、敵の逆を取る。もちろん簡単でないことはわかっていますが、常にその意識は持つようにしていてもらいたいと思います。

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

神の足―サッカースーパースター技術録

神の足―サッカースーパースター技術録
(COSMO BOOKS) (コスモブックス): 西部 謙司

忙しかった仕事がひと段落して、今まで途中読みになっていた本を続々と読み終えています。
というわけで、今日はこのブログで初めてサッカー本を紹介します。
(本当はサッカー本の紹介がメインのつもりだったんですが…)

記念すべき?サッカー本第1弾は、その名も「神の足」。
カカ、Cロナウド、メッシなど、現代を代表するスーパースターから、ペレ・マラドーナを双璧とするレジェンド達、さらにはデルピエロ、ベッカムなど、今年のワールドカップでは見られるのか??な個性派まで、様々なプレーヤーのプレーを紹介しています。

正直本屋で見かけたときは、ワールドカップイヤーの便乗商品と勝手に想像し、買う気はなかったのですが、立ち読みでCロナウドのページの1行目「第一印象はカズににていると思った。」のところから引きずり込まれ、結局買ってしまいました。

私のおすすめは、そのCロナウドのところですが、その他では名前や顔は知っていても、実際のプレーのすごさがよくわかっていない(失礼!)ベッケンバウアーについて、今までよりもそのすごさがイメージできた気がしています。
また、その他にも、多分読む人の好みのプレーヤーが1人は載っているんじゃないかと思います。

作者の西部謙司さんの文章も読みやすくていいと思います。
西部さんの本では、他に「戦術クロニクル」シリーズも好きです。
私は特に「2」の方の消えつつある戦術のところがなんだか良かったです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



あなたにもわかる相対性理論

あなたにもわかる相対性理論 (PHPサイエンス・ワールド新書)
茂木 健一郎 (著)

新聞、テレビなどでよく名前を見かける脳科学者、茂木健一郎さんの本

「相対性理論」と銘打ってはいるが、茂木さんが敬愛するアインシュタインの生き方、考え方を記した本。
ややこしい数式は書いてないので、私のような文系人間でも読めました。

相対性理論の入門以前の「アインシュタイン入門」的な作品。
アインシュタインに思い入れのない私からすると、ちょっとアインシュタイン万歳的で、力入れすぎじゃないの?と思わないでもないですが、読んで損はないかなぁと思います。

最後は無理やり茂木さんの専門分野へ結び付けようと、突然クオリアとかニューロンとかいう言葉が出てきて面喰ってしまったのは残念でしたが…

今後のPHPサイエンス・ワールド新書に期待が持てる第1弾だと思います。

     

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

グーグルのすごい考え方

グーグルのすごい考え方―Googleが発見した、ビジネス「10の真実」 (知的生きかた文庫)
二村高史著

いろいろとグーグルのシステムやアイデアなど、なるほどと思えることが書いてありました。

その中でも印象に残ったのは以下の2点

1 20%ルール ~就業時間の5分の1は未来を考える時間~

 内容は、読んでの通り、就業時間の20%は、「現在の仕事ではなく、未来のこと」を考えなくてはいけない。、「今の仕事とは関連性がなくてもクリエイティビティを感じられる仕事」に使わなければいけない、というルールです。
 仕事をしていると、どうしても今現在手を付けている仕事・課題に集中してしまいますが、あえてこのようなルールを課すことで、将来への投資になるだけでなく、クリエイティブな仕事につながっていくものだと思います。
 ぜひ、日ごろの仕事に少しでも取り入れたいと思います。

2 ビジネスにおいて、オーバーコミュニケーションということはあり得ない

 この本の中では、グーグル社の中ではあらゆる情報が共有できるようなシステムを取っているという意味で使われていますが、私なりには、自分自身どちらかというと情報や仕事を自分で抱え込むタイプなので、この言葉を肝に銘じて、積極的にコミュニケーションを取りたいと思います。



クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

10/01/24 京信リーグU-9

今日は宝が池フットサルコートで京信リーグの3試合
7分×3本の変則的な試合です。
スローインもなくてキックイン方式です。

1試合目 vs Jマルカ 計 5-0 勝ち
1本目 けんた、りんりん、けんた、りんりん
2本目 しょうちゃん
3本目

2試合目 vs 佛大広沢 計 3-1 勝ち
1本目 りんりん、しょうせい
2本目
3本目 敵、りんたろう

3試合目 vs 桂坂 計 1-4 負け
1本目 敵
2本目 敵、敵
3本目 敵、けんた

1試合目と2試合目はおもしろいようにパスが回り、快勝しました。
どんどん大人のサッカーになってきた感じです。

しかし3試合目は逆にパスばかりになってしまい、そのパスを相手に狙われていました。
やはりサッカーは点を取るゲーム。点をとるため、シュートするためにどうするか。
パスばかりなら相手もそれに対してパスカットを狙ってきます。
その相手の逆をついてドリブル突破を図るなど、相手の「逆」を取るプレーが必要だと思いました。

そして、相手の逆を取るためには、相手の考えや動きをよく観察することが必要になります。
ボールを持っていないときでも頭を使い続け、ボールだけに集中してしまうことなく、常に周りの状況を把握し、味方と敵の動きを予測しなければなりません。
それはボールを持っている時でも同じ。ボール(足元)だけを見ていたら、味方や敵の動きが見えません。ボールを持っているときに周りを見るためには、周りを見るという「意識」とそれを可能にする「技術」が大切です。

私が大切だと思う「技術」はファーストタッチと体の向き。

あえてファーストタッチという言葉を使うのは、トラップというと、「止める」というイメージが強くなってしまうから。わたしのイメージするファーストタッチは、ボールを「次のプレー(シュート、パス、ドリブル)」のために、必要な場所へ「置く」プレー。「自分へのパス」というふうにイメージしています。

それから体の向きは、視野とプレー選択の幅を広げるためのもの。
プレーの幅が狭くなれば、当然相手にも読まれやすくなります。
本か雑誌で読んだと思いますが、日本人は「自分たちのプレーをする。」とよく言うけれど、サッカーは必ず邪魔をする相手がいるゲーム。自分たちのしたいプレーだけでなく、相手のプレーを見て相手の逆を突くようなプレーをする意識が足りないのではないか、と。
私は長男のRに、「普段の生活では人に嘘をついたりだましたりすることは絶対いけないことだけど、サッカーをするときだけはどんどん相手をだましていいんだよ。」と言っています。

なんだかまとまりのない文章になってしまいました。
サッカーのコーチをしたこともない自分が偉そうな能書きをたれてしまいましたが、子ども達に上手になってもらいたいという気持ちは負けていないつもりです。
これからも思いついたことをつれづれに綴っていきたいと思います。

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

1/16 練習

久しぶりに、Rの練習を見学しました。
ミニゲームではノーゴールでしたが、今日はパスが冴えていました。
今までもパスをするときはダイレクトやツータッチぐらいのパスが多かったのですが、今日は同じようなタイミングで、今までよりも遠いところへ、よくそんなところを見ていたなあと驚くようなパスが何本かありました。より視野が広く、まわりが見えてきているように思います。
課題としては、パスは速いタイミングで出すので敵にカットされることがほとんどないのですが、ドリブルを選択した時にはどうしても一回足下でキープしてからドリブルに入ろうとするため、視線が足下に落ちてしまうので、その間に敵に詰められてしまい、前を向く瞬間や前を向いて前進をはじめた一歩目で相手のディフェンスに引っかかってしまうことです。
RはFWですから、どうしても後ろからのパスを受けることが多くなるため、今のように後向きでトラップすると、どうしても相手に詰められてしまうので、前を向きながら、すぐに次のプレーにうつれるところにボールを置くような、マンチェスターユナイテッドのルー二ーのようなプレーを覚えられたらと思います。

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

ニューボール

Rが欲しがっていた、新しいサッカーボールが届きました。
バルセロナのマークの入った青いボールです。何だかちょっと軽いような気がするし、たぶん公式戦では使えないものだと思うけど、Rはご満悦。
「朝練やる~!!」とはりきっております(; ̄O ̄)

ニューボール

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示