FC2ブログ

2010/02/28 京信リーグ

宝が池フットサルコートで、京信リーグがありました。

Rたち3年生の試合は午後からで、その前に2年生の試合を1試合だけ観たので簡単にレポートを。
2年生 vs 西陣中央
1st. 0-3
2nd. 0-0
合計 0-3 負け
残念ながら負けてしまいましたが、2年生たち、元気に頑張ってました。
相手はシュートというかキックが強い印象がありました。
カウンターで何度かチャンスはあったのですが、決められなかったのが惜しかったです。


続いて3年生。今日は4試合のうち3試合が初対戦ということでも楽しみです。
1・2試合目は3本1セットの変則マッチ、3・4試合目は通常の前後半形式。
タッチラインを割った時はスローインではなくドリブルインというルールです。

1試合目 vs 伊勢田
1st. 1-0 りゅうき
2nd. 0-0
3rd. 1-0 てつ
合計 2-0 勝ち
まずは幸先よく勝利。もっとチャンスはあったけど、シュートが枠を外すことが多かったかな。
相手の伊勢田のコーチの人が試合をみながら、ベンチの子たちに「今のはいいプレーだったな。」「今のはこうしたらよかったな。」「相手の今のプレー、うまかったね。」といろいろ指導されていたのが印象的でした。

2試合目 vs フォレストFC
1st. 0-2 フォ、フォ
2nd. 1-0 りんりん
3rd. 0-1 フォ
合計 1-3 負け
スコアほど負けた気はしなかったが、やはりチャンスを逃したのが痛い敗戦。

3試合目 vs FC小倉
1st. 1-1 小倉、りんりん
2nd. 1-0 しょうご
合計 2-1 勝ち
2点ともにラストプレーでの得点で、劇的な逆転勝利!

4試合目 vs 翔鸞
1st. 1-2 OG、翔鸞、てつ
2nd. 0-1 翔鸞
合計 1-3 負け
不運な失点もあり、敗戦。

結局2勝2敗でした。
今日の5チームの中ではいちばんパスを回す意識があり、試合も全般的に支配していることが多かったと思うのですが、守備で少し脆さがでてしまいました。また、チャンスをものにする勝負強さが少し足りなかったかな。攻めるのに慣れてない?
でも、2年生の時のお団子サッカーと比べて格段に「サッカーらしく」なっていましたよ。

3月からは新4年生としてのシーズンが始まります。
これからどんどん試合が増えていくみたいだし、ガンバロー!!(応援もね!)

↓他にもいろいろなブログがみれますよ。
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



生活発表会

今日は次男Tの幼稚園で生活発表会がありました。
年長児ということで、幼稚園での最後の発表会になるので、家族みんなでTの勇姿を見に行きました。
おとぼけ・ぼんやり・マイペースのTのこと、ちゃんとできるか、ちょっと心配なんだよね~(〃A〃;)

朝9時、園長先生のあいさつ、年長児代表による「はじめの言葉」につづいて、まずは年長さんの園歌からスタート!
さすが年長さん、大きな声で上手に歌います。

続いて、各学年の合唱。
年長さんは、なんと森山直太朗の「さくら(独唱)」。難しい歌をよく覚えて歌いました。

次にダンスやお遊技など。年少、年中さんもカワイイなあ(^^)前はこんな感じだったんだよね。
年長さんは、各クラスで劇を披露。
Tのクラスは「ピノキオ」。
Tは自ら立候補したナレーター役。大きな声でハッキリと言えました。d(^_^o)カッコよかったぞ!

最後に年中さんと年長さんがそれぞれの学年で合奏。
Tは鍵盤ハーモニカと鉄の管にバチがついたみたいな楽器。2種類の楽器でよく頑張りました♪( ´▽`)
ついこの間までは鍵盤ハーモニカがほとんどできなかったのですが、ギリギリになって突然弾けるようになったそうです。よかったねー。やればできるんだよね。

そして年長児代表の「おわりの言葉」で終了。
3時間弱の長い間、お疲れ様。家族も座りっぱなしで疲れたぞ。
長男Rも最初は行くのを嫌がっていたけれど、かわいい後輩たちの姿を楽しんでいたみたいです。

それにしても、いつまでたってもおチビさんのTだけれど、さすがもうすぐ1年生。しっかりと成長した姿を見せてくれました。ホントに格好よかった(やっぱ親バカ)!

子どもと親御さんが多く、会場に入りきらないため、今日と明日の2回発表会をするため、Tは明日も発表会に出演します。 L(・o・)」
2回も大変だけど、今日と同じように頑張ってね!!

↓ほかにもいろんなブログを楽しめますよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

毎日が日曜日【読書日記】

城山三郎「毎日が日曜日」新潮文庫

城山三郎さんの作品を読むのは、昨年ドラマ化された「官僚たちの夏」に続いて2冊目になります。

まずタイトル、「毎日が日曜日」。いい響きですねぇ。勤め人の身の上としては、あこがれの生活ですが、もちろんそれを満喫している内容では、小説になりません。

物語は東京駅の新幹線のホームから始まります。

総合商社の京都支店長として赴任するため出発する主人公「沖直之」。見送りに来た同僚に、「京都へ行けば、毎日が日曜日だな。」と皮肉めいた言葉をかけられ、京都での仕事が希望に満ちたものではないことを暗示されます。
単身赴任する夫・父親を見送りに来た家族、忙しい中見送りに来てくれた上司など、見送り人の中にもう一人の主人公「笹上丑松」の姿も。笹上は、まもなく定年退職を迎え、再就職も断り、気ままな「毎日が日曜日」生活を送ろうとしています。

2人の主人公の、それぞれの「毎日が日曜日」な生活において、家族や社会との関わりの中で考え、悩み、行動する姿を中心に物語が進められます。

この作品は昭和51年の刊行で、高度成長期の後、オイルショック等を経て日本経済が転換しつつある時代を描いています。多少は当時をしのばせる描写もありますが、基本的にこの作品で描かれている人々の考えや苦しみ、そして喜びは、30年を経た現在でも全く色あせることなく、鮮やかに私の胸にひろがりました。

30年を経過しても、同じように仕事と家庭、仕事と余暇の選択を迫られて生きている私達。
まわりにはたくさんのモノがあふれ、便利で快適、安全な社会で生きています。それでも、この国の人々は本当に幸せを感じながら暮らしているのでしょうか?

日本ほど豊かではないかもしれないけれど、毎日仲間とフットボールの話題で楽しみ、週末はフットボールをプレーしたり、試合を観戦して過ごす国々の人々の方が、いきいきと、楽しく、幸せに暮らしているように見えるのは、私だけでしょうか?



↓ほかにもいろいろなブログが見れます
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

セレクションに向けて

来月、Rは某Jチーム(バレバレ)のジュニアのセレクションを受けることにしました。
といっても、本人はあんまり乗り気でもなく、「受けてみる?」と聞いても「どっちでもいい」と答え、「あんまり日本のチーム好きじゃない。おもしろくない。」と生意気な上から目線。
「サッカーうまくなるかもよ」というと、やっとこさ「じゃあやってみる。サッカーうまくなりたいから。」ということで、やる気があるんだかないんだかよくわかりませんが、とりあえず挑戦することになりました。

こんな調子なので、セレクションに向けて早くも難問が…
それは、「申し込み用紙を書くこと」

まず、「ポジションを書くんだって。どこにする?」と聞くと、「どこでもいい。」
「やりたいとこを書いたらいいんじゃないか?」 「別に。どこでもいいもん。」
「なんか書いとかなあかんで。」 「じゃあ、キーパー以外どこでもいい。」
というわけで結局は「キーパー以外どこでも」と書くことに。なんだそりゃ。

次に、「利き足は?」 「両利き」 「 … 」

トレセン・選抜歴なんかは当然「なし」
(そもそも小3でそんなものあるのかな?上級生の子用の欄でしょうか。)

そして最後の難関、「自己PR」
「なんか自分のことアピールするんやて。」 「別に…」
「じゃあ、得意なことは?」 「ドリブルからシュート」
「頑張りたいことは?」 「ロナウドやメッシみたいに体が強くなってドリブル突破をしたい。」
結局、「得意なこと」と「頑張りたいこと」を書いておしまい。
ダメだこりゃ。全然やる気の感じられない自己PR。全く受かる気無しだな。

そもそもこういう申込書は子ども自身で書くべきだと私は思っているのですが、とにかくやる気も自覚もありません。
こんな選手が参加して、他の真剣に取り組もうとしている選手たちに申し訳ないと思いながらも、とりあえずはひとつの経験として、同い年の優秀で向上心に溢れた子ども達に触れることで少しでも刺激になればと思い、参加させてもらおうと思います。

せめてもの救いは、Rが実際その場になれば手を抜いたり、ふざけたりして周りに迷惑をかけるようなことはしないというのは間違いないこと。一生懸命プレーすると思いますよ。

それにしても小3に「つまらない」と言い切られる日本のサッカー。
また、その言葉に対して否定できない私がいる。
日本におけるフットボールの未来のため、今やっておくべきこと、変えるべきことがあるのではないでしょうか?

せめて、今度のセレクションを受ける子ども達にとって、明るい未来・希望を感じさせてくれるような指導者、チームであってもらいたいと切に願います(父親まで上から目線でスイマセン)。

↓クリックで少年サッカーに関するいろんなブログが見れます
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

2/21 洛北カップでのR

昨日行われた洛北カップ決勝トーナメント1回戦の強豪西野戦。ありがたいことにまたRは試合に出させてもらいました。しかも先発フル出場 w(°o°)w

ポジションは、前日と同じくウイング気味の左サイドハーフを任されました。
KYSCはサイドチェンジ、サイド攻撃を意識して練習に取り組んでいるので、攻撃での頑張りを期待されての起用でしょうか?
ただし、同じ3年生ならともかく、上級生の中で縦に抜けていくようなスピードは持ち合わせていないので、ボールを受ける前にフリーになるランニング・ポジショニング、周りとのコンビネーション・パスワークを使っての突破、右サイドの突破力のある選手からのクロスへの飛び込みやこぼれ球を狙うこと、それから最近の左サイドバックの練習で身に付けた中へ切れ込んでのシュート(無回転?)あたりが、Rに求められていたことかなぁと思います。

前日の2試合では、無回転シュートはともかく、それなりに仕事をこなして得点にも絡めていましたが、昨日の試合では、まずかなり押し込まれていたこと、更には相手が左サイド(こちらの右サイド)から攻めることが多かったことから、Rのところまでなかなかボール自体がこず、プレー機会が少なかったように思います。

また、ボールが来た時にはキープしたり、パスを出したり、そこそこのプレーは出来ていたと思うのですが、もう少しパスをもらえそうなポジショニングの工夫が必要だったと思います。タッチライン際に張るように言われていたのか、それを意識しすぎたり、前へ出る意識が強すぎたりして、パスを出す味方から離れすぎていました。

それでも前半の終盤にはパスを受けられていたのに、後半になると、ただでさえスタミナ切れを起こすのに加え、混戦の中でみぞおちにボールが入ってからはテンションも下がり気味↓で、運動量も減ってしまい、集中力も途切れがちでパスに反応できないこともあったり、ボールをほとんど受けられなくなってしまいました。

そんな状態なので、正直交代させられるかなぁと思って観ていたのですが、最後まで使ってもらえ、Rへの信頼と期待を寄せていただいていることを感じるとともに、責任も感じています。
今後もより一層チームに貢献できるよう、更に練習に励んでもらえればと思います。

R自身がどこまでの事を感じたのか、すべてはわかりませんが、試合に出られた喜び、楽しさとともに、試合に敗れたことへの悔しさを感じていたのは間違いありません。
また、お腹にボールが当たってテンションが下がってしまい、以前なら泣きだして試合を投げ出してしまったかもしれないところを最後まで頑張ったことも自信につながったのではないでしょうか(試合中は「交代したい」って思ったらしいですが)。
宿題の作文で昨日と一昨日の試合の事を書いていたようなので、またこっそり覗き見しようかな?

とにかく土日で3試合、大満足させてもらった親バカなのでした(^^)
KYSCの選手・指導者・保護者のみなさん、そしてR、どうもありがとう!!
これからもガンバってください p(^^)q

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

洛北カップ 決勝トーナメント1回戦

昨日の予選リーグに続き、今日から決勝トーナメント。
1回線の相手は、山科区の強豪、西野です。

前半 0-2 OG、西野
試合序盤から押され気味の展開。相手の出足が速く、ディフェンスラインから前になかなかボールを運べません。あの寄せの速さは、さすがに鍛えられているチームという感じです。
ディフェンス陣が踏ん張っていたのですが、ゴール前に上げられたクロスをクリアしようとしたDFの体に当たったボールが、不運にもオウンゴールとなってしまいました。
更にディフェンスラインの裏を取られて2点目を失い、かなり厳しい展開になってきました。
2点取られてからは徐々にパスがつながり出して盛り返すものの、ゴールには至らず前半終了です。

後半 1-1 こう(P)、西野
前半に比べるとスペースが出来てきて、オープンな展開になってきましたが、引き続きどちらかというと西野のペースで試合が進みました。
そんな中、エースこうのドリブル突破を相手DFが倒してしまい、PKを獲得。このPKをこうが自ら決めて1点差!追い上げムードが高まります。
しかし、その後も西野がボールを支配してゴールに迫ります。何度もポストやバーに当たる苦しい展開の中、GKのりを中心になんとか耐えていましたが、ついに右サイドのクロスを合わされて3点目を喫します。
KYSCも反撃を試みますが、なかなかチャンスが掴めないまま、終了のホイッスル。

合計 3-1 残念ながら、敗戦。トーナメント1回戦で敗退しました。
今日のところは、相手の方が一枚上手だったという印象。厳しいプレッシャーの中、KYSCの目指すどんどんパスを回していくプレーが出せませんでした。
でも、まだまだこれから5年生、6年生と練習を重ねていって、さらにいいプレーを見せてくれ、西野にもリベンジしてくれることと思います。
みんな、頑張ってね!!

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

洛北カップ 予選リーグ

今日は4年生の大会に3年生3人が呼ばれたので、応援に行ってきました。

1試合目 vs 修二
前半 4-0 こう、けんた(4年)、まさや、こう
後半 4-2 こう、りゅうき、りんりん、敵、しゅう、敵
合計 8-2 勝ち

幸先良く快勝!
でもあまり試合内容を覚えていない orz
いままでも上級生の試合に呼ばれていましたが、大会に呼ばれるのは初めてなので、「親が!!」緊張してたのでしょうか?Rのプレーしか見えてなかったような。視野が狭くなっていたのでしょうね (^~^;)ゞ

2試合目 vs ボルト
前半 0-0
後半 3-0 こう、りゅうき、こう
合計 3-0 勝ち

グループ1位で決勝トーナメント進出!!
一進一退の攻防で、緊迫した好ゲームでした。
前半を0-0で折り返し、後半に3点を奪って勝利。3点ともカウンター気味のゴールでしたが、守って守ってカウンターというのではなく、一進一退している中で、中盤からいいスルーパスがでてゴールが決まりました。
相手に押される場面もありましたが、中盤からディフェンスラインまで、集中したディフェンスで頑張っていたので、鋭いカウンターも繰り出せたのだと思います。

3年生3人も試合に出してもらい、3年生チームの時とは違うポジションでも、りゅうきは速攻からのゴール、りんりんはゴールやアシスト、けんたは組み立てるパスと、それぞれ持ち味を出して頑張っていたと思います。
けんたとりんりんのコンビプレーも息が合っていて良かったです。

うちのRは、2試合ともいつもの左サイドバックのひとつ前、左サイドハーフで出場させてもらいました。攻撃に守備にとかなり上下動を繰り返さないといけなかったのですが、いつもより広いグラウンドで頑張っていました。上級生を相手に、なかなかドリブルで2人3人と抜いていくわけにはいきませんでしたが、「らしいパス」を随所に見せてくれました。ゴールも決めたしね!

明日は決勝トーナメント。相手は強豪西野とのこと。みんな頑張ってね。もちろん応援にいきますよ!!


ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村

相対性理論を楽しむ本

「相対性理論」を楽しむ本―よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫)
佐藤 勝彦 監修

なぜか最近理系っぽい本も読んでいる文系人間の私。
今回は、「相対性理論シリーズ(勝手に)」第2弾です。

第1弾の「あなたにもわかる相対性理論」が、相対性理論というよりは、アインシュタイン論と言えるような内容だったのですが、この本は、より相対性理論の内容を詳しく、しかもわかりやすく説明してくれています。

それに、「あなたにも…」では相対性理論の大前提となっている、「光の速度が常に一定」ということを前提として書いてあり、その理由・実証が記されていないため、「そもそもその前提がどうしてなのか?」というもやもやがありましたが、そのこともきちんと説明してあるため、(本当に理解しているかは別として、)気持ちよく読むことができました。
もちろん、「あなたにも…」を読んでいたおかげで、そのような疑問を持っていたり、最低限の知識を得られていたりしていたため、この本をより楽しめたことは間違いないと思います。

更に、「アインシュタインの相対性理論」だけでなく、その相対性理論を基に生まれた「現代宇宙論」にまで話が及び、その壮大な世界(宇宙?)に、まるで子どもの頃に冒険小説を読んだときのようなワクワクドキドキする感じを覚えてしまいました。

どうやらこの「相対性理論(勝手に)シリーズ」は、まだまだ続きそうです。

    

ランキングに参加しています。クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ポルトvsアーセナル

09/10 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦 1stLeg
ポルトvsアーセナル 2-1でポルトの先勝

確かに失点はミス絡みだし、ボール支配率もアーセナルの方が上でしたが、ポルトも厳しいディフェンスと鋭いカウンターでアーセナルを脅かしていたし、結果としては妥当かなあというのが感想です。

それにしても心配なのが、アーセナルの負け方。
以前は「負けて強し」「美しき敗者」って言葉が当てはまるような、負けて悔しいけど、内容には満足できるような試合が多かった気がしますが、最近のマンU・チェルシーの連敗など、「力不足」を感じてしまう負け方が増えてきている気がします。

特に昨日の試合はパスが一つひとつズレていて、中盤での華麗なパス回しすら見られませんでした。何だか全員がデニウソンになっちゃったみたいです(デニウソンのファンのみなさんスイマセン。私の印象では、デニウソンのパスはいつも少しポイントがズレていて、チームのリズムを崩しているイメージがあります。)。
そしてボール回しに時間がかかり、なかなかシュートまで持っていけない姿は、東アジア選手権(に限った事ではないですが)での日本代表を思い出してしまったりして、とても不吉?な感じでした。
頼みのセスクもコンディションがよくなかったのか、パスミスが多かった気がします。

それと、サッカー選手に怪我はつきものとはいえ、ファンペルシーとアルシャヴィンの2人ともいないというのは痛すぎますね。
ベントナーが戻ってきたのは嬉しいけれど、昨日の試合を見ていても、彼一人で「何か」を起こしてくれるかというと、まだ少し力不足という気がします。あの背の高さで足元もうまいし、将来は「スーパー」な選手になってくれると期待してますけどね。
ロシツキとナスリも、ドリブルもうまいけど、ガンガン前に突破していくタイプではないし、ゴールに向かう「推進力」のある選手が欲しいなぁ。

って書いてたら、今度はディアビが離脱ですか。いったいどうなってるんすかベンゲルさん!?

DVDでも観て現実逃避しようかな… ↓

  

クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

広島観音サッカー部は、なぜ強くなったのか

伊藤和之著「広島観音サッカー部は、なぜ強くなったのか」ザメディアジョンMJ文庫

広島皆実高校と並び、全国大会の常連となった広島観音高校サッカー部。畑 喜美夫(はた きみお)監督の元で行われているユニークな選手(人間)育成法を、同サッカー部のフィジカルトレーナーとしてその一環に携わっている著者が紹介しています。

たとえば「スタメンは選手が決める」など、とにかく徹底的に選手の自主性、自立・自律を促す取組が紹介されており、「こんなチームに我が子を入れてみたい」と思ってしまうような内容が書かれています。このチームを卒業した選手達が、サッカーに限らず、それぞれの進路で活躍してくれるだろうと期待させてくれます。

この本で紹介されている内容全てが、どこでも実施出来るものではないと思いますが、畑監督の思想、哲学、そのエッセンスみたいなものは、小・中学生の指導や、サッカーに限らず様々な指導育成、子育てにも活用出来るものではないかと思います。

  

 
クリックで応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村
 NEXT>>
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示