FC2ブログ

【ナビスコカップ】サンガvsグランパス

京都サンガ対名古屋グランパスの試合を西京極へ観に行ってきました(^^)

すごくいい天気で、小中高生優待デーということもあって、なんと1万6千人も入って満員でした。

試合もエース柳沢のボレーシュートが豪快に決まり、1-0で勝利!
たくさん来てくれた子ども達もよろこんでくれたのではないでしょうか?

続きを読む »
スポンサーサイト



日韓戦の寸評・採点のつもりが、「解任伺い」に

5月24日(月) 日本対韓国 @さいたまスタジアム


試合はご存じのとおり0-2で完敗でした。

まず、1対1の競り合い、ボールの奪い合いでほとんど負けていた。
更には、日本が得意としているはずのパス回しすら、韓国のほうが良かった。
日本のパスは韓国ディフェンスの「前」で回すばかりで、「裏」を取ることがほとんどなく、相手にとって脅威となっていなかった。
そして、日本のチャンスらしきシーンが楢崎のキックからのこぼれ球というパターンだったのも皮肉でした。


また、相変わらずの日本の試合運びの拙さも随所に表れていました。

立ち上がりの5分に先制を許し、点を取らなくてはいけない状況になったにも関わらず、前へ行く意志・エネルギーが見えててこない。
もちろんまだまだ焦る時間帯ではありませんが、「点を奪られたら奪り返す!」という当たり前の気持ちが全く感じられません。
そんな日本を相手に、韓国はその後も余裕を持ってプレーしているように見えました。

後半途中から森本を投入しましたが、彼を生かそうという意図のあるプレーも見られず、いつも通りのサッカーを(ダラダラと)展開するばかり。
その後も交代選手を生かそうとするチームとしての意図は見えませんでした。

そして、極めつけが最後の失点シーン。
試合終了直前になって、初めてリスクを冒して前掛りになったところ、注文通りのカウンターを受け、最後はGKの楢崎がPKを与えてしまいました。
なんという試合運びのまずさ。
日本選手はリスクを負わないと言いますが、リスクの負い方、リスクヘッジの方法を知らないから、リスクを負いたくても負えないというのが本当のところではないでしょうか?


一方、韓国の選手はキッチリと仕事をこなしていた感じがしました。闘う気持ちを持ちながらも、冷静さ、落ち着きが感じられました。

それにしても、パクチソンは素晴らしかった。この中では1人ずば抜けていました。彼が京都からプロ生活を始めたことを誇りに思います。
日本人も、パクのような選手になれないはずはないのですが…


さて、次はこの試合での日本代表選手のプレーを10点満点で採点してみたいと思います。
続きを読む »

キッズリーグ 2日目

先月始まった、4年生最初の大会。5月22日(土)、およそ1か月ぶりに、2日目が行われました。
この日はI倉北小学校で2試合を行いました。

初日は残念ながら2連敗スタートだったKYSC。今日は逆に2連勝で勝敗を五分に戻したいところです。

しかし、主力を含め、メンバーの何人かが学校行事で欠席。
また、すっかり初戦に負けるのが定着してきてしまった4年生チーム。
かなりの不安を抱きながらの1試合目、K高野戦に臨みます。
続きを読む »

なぜ、2-3-2システムなのか?

サッカークリニック6月号から、連載バルセロナスクール福岡校コーチ村松尚登氏の「創発のススメ」
第2回「なぜ、2-3-2システムなのでしょう?」を紹介します。

サッカーの育成について、非常に興味深い記事になっています。


まず書かれているのは、「プレーモデルの共有化」ということです。
続きを読む »

サッカークリニック6月号

サッカークリニックの6月号で面白かった記事を紹介します。

今月の特集は、攻撃力アップシリーズの第2弾「攻撃の優先順位を考える」です。

また、「サッカーで勝つための“身体コーチング”」という新連載が始まりました。
私は、バルセロナのメッシ、シャビ、イニエスタなど体の小さな選手のプレーを観ていて、日本と海外では、体格差ではなく「体の使い方」が何だか違うのではないか?という思いがあるので、興味があります。

続きを読む »

はしご(ラダー)がやってきた!

我が家にはしご(ラダー)がやってきました。

そう、様々なステップをすることで、フットワークのトレーニングをする、トレーニング用のラダーです。

ネットで色々探して、結局Fungoalの「スピード・ラダー≪6m≫」(お値段3,980円)を購入しました。

決め手は、18種類のメニューが載った「基本トレーニングマニュアル」が同封されてくることでした。

18種類くらいなら、本当に基本的なメニューだと思いますが、いきなり何もなしではどうしたらいいかわからないし、これを参考に色んなメニューを自分でも考えられそうです(^^)

とりあえずリビングの床に敷いて遊んでみると、結構楽しい。

元々は長男Rのステップワークの向上が目的ですが、そろそろお腹が気になってきた四捨五入して40歳の親バカのダイエットにも役立つかも?

もちろん、次男Tも一緒になって遊んでます(^^)

「練習」と思うとなかなか続かないと思うので、「遊び」ながら毎日少しずつでも続けていければと思います。


よろしければ、クリックして応援してくださいねm(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


W杯、南アフリカ大会、優勝予想バトン

W杯の優勝予想バトン、という共通の質問にみんなで答えるという試みがあるということで、私も参加しました。

あんまり面白味のない回答だったかな?

真面目に考えれば考えるほど、堅くなってしまうんですよね。競馬と一緒です。
続きを読む »

5/15 練習試合

この日はY小学校グラウンドにN山さんを迎えての練習試合です。

8人制で、4年生チームと3年生チームが交互に試合を行いました。
フォーメーションは、1-2-3-2を基本にしているようです。

4年生は人数が多いので、1、2試合目は前半と後半を総入れ替え。
3試合目は前後半がなかったので試合中にどんどんメンバーを入れ替えていきました。


続きを読む »

【サッカー本】木崎伸也著「サッカーの見方は1日で変えられる」

木崎伸也著 サッカーの見方は1日で変えられる 東洋経済新報社


「美しい理論は、ハガキ一枚の中に収まる」ある物理学者の言葉だそうです。

この言葉は、この本の最終第8章の最終節「サッカーの見方を変える10の方法」の冒頭に書かれています。

この本は、「シンプルで美しいスポーツ」である、フットボールを「見る技術」を、「シンプルで美しく」描くことに挑戦し、成し遂げられた本だと思います。

新聞、テレビなどのメディアで、サッカーを「見て」、「伝える」ことを仕事としているすべての人に読んで欲しい、いや読むべきだ、と思います。
また、子どもたちにサッカーを指導・育成する立場にある人たちにも是非読んで欲しい。

そして彼らには、この本に書かれたことを理解した上でサッカーを見て、自分の目で見て感じたサッカーを自分の言葉で読者や子どもたちに伝えてもらいたいと思います。
続きを読む »

「まあまあ…」かな?

おとといの木曜日、Rの練習を少しだけ覗いてきました。

先週の土曜日の練習を見ていて、そのあまりにも気の抜けたプレーぶりに怒り心頭、Rに対してもちょっときつめに当たってしまったので、それを受けてRがどんな風に変化しているか、ちょっぴり心配していました。

そして、昨日の練習を見た感想は、「まあまあ…」かな?(^^)

続きを読む »
 NEXT>>
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示