FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実戦を意識して自主練

先週は雨が降ったりやんだりのはっきりしない天気が続き、クラブの練習が中止になったり、もともと試合の予定もなく、まったりと過ごした一週間でした。

サッカーすることがストレス解消の手段というRは、雨のやむ隙をついては、家の前の路地や近所の公園で自主練(遊び?)を繰り返していました(^o^)

内容は色々だったみたいですが、例えばチーム練習が中止になった火曜日はロングパスの練習をしたそうです。
2日前のリーグ戦でセンターバックをした時を思い出しながら、「トップのKんたの足下にライナー性のボールを送る」とか、「ディフェンスラインの裏のスペースへ左サイドのTつを走らせる」とか、具体的なプレーをイメージして練習したとのこと。
私も常々「実戦を意識して練習しなさい。」とはいうものの、実際のところそこまで想像しながら練習するのは難しいと思っていましたが、実戦という刺激のおかげでいつもより高い意識をもって練習に取り組めたみたいです。

やはり試合経験というのはどんな練習にも変え難いものなのだと実感しました。
そして、今までより一層、ヨーロッパの強豪国のような通年制のリーグ戦で、子ども達が毎週最高の刺激を受けられるような環境をつくってあげたいなあと思いました。

もちろん一朝一夕にできるものでないことは理解していますが、少しでも早く、少しでもそういう環境に近づくように、私にできることはないか、考えていきたいと思います。


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自信がチームを強くする?(U11リーグ)

4月17日(日)、5年生チームのリーグ戦が始まりました。

Rと5年生たちの活躍に胸躍らせながら会場に向かいましたが、サッカーに野球、さらにはお花見客で駐車場が満杯。車の列に並んで数十分、やっとこさ駐車できましたが、1試合目は後半のこり5~6分ぐらいしか観ることができませんでした(x_x;)

皆さん、京都観光は公共交通機関のご利用をおススメします(^^)


1試合目 vs Rんふぁん

初戦は、2月の大会でベスト8で対戦し、1対1の同点でPK戦にもつれ込んだ相手との再戦です。

8人制のフォーメーションは中盤をダイヤモンド型にした1-2-4-1。
先発は、キーパーにHろと、ディフェンスは右にR、左にAっくんのご近所センターバックコンビ、中盤は右からRんた、Kうき、Tつ、トップ下にRうき、1トップにKんたというメンバーだったそうです。
センターバックコンビをはじめ、子どもたちもビックリのポジションだったみたいです(^_^;)

前半 2-0 Tつ、Tつ
後半 1-0 Rうき
合計 3-0 快勝スタート!(^^)/

他のお父さんお母さんたちや子どもたちからのヒアリングによると、スコア以上の快勝だったみたいです。
特に前半は終始相手コートで試合をすすめて圧倒していたとのこと。なかなかゴールが決まらなかったようですが、Tつの2ゴールでいい形で前半を折り返したそうです。

そして後半にはRうきの復帰後初公式戦で初ゴールが飛び出してリードは3点に( ^ _ ^)∠☆
この辺りからはどんどん選手を交代し、さすがにバランスが崩れたか、相手も意地を見せたか、押し込まれることも多くなりましたが(私が見たのはこの辺から)、終了間際にはキーパーHろとの好セーブもあり、見事に無失点で勝利することができました。

試合後、Rんふぁんのコーチの方々が「完敗でした」とKYSCの勝利をたたえてくださったことからも、いい試合をしてくれたのは間違いないようです(^_^)


2試合目 vs Hえい
続きを読む »

U11リーグ戦がはじまります!

日本サッカー協会のガイドラインに従い、全国的に小学生年代の大会形式が見直されています。
その内容は大きく2点、少人数制(11→8人制)とリーグ戦(←トーナメント戦)の導入です。

この狙いを要約すれば、
1 人数を減らしてコートを小さくすれば選手1人当たりのボールに振れる回数が増え、ゴール前の攻防も増えるので、今までよりも強い選手が育成できる(かもしれない)。
2 一発勝負のトーナメントから負けても次があるリーグ戦にすることで、選手に公式戦の経験を増やすことができ、指導者も目先の勝ち負けだけにこだわることなくチーム作り・育成に取り組むことができ、よりいい選手を育成できる(かもしれない)。
ってことらしいです。

本音のところは、ヨーロッパや南米の強豪国では育成年代での少人数制と通年のリーグ戦が当たり前なので、日本も同じようにしなきゃ勝てないぞってことじゃないかと邪推してますが…
 

まあとにかく、京都府でも今年度からリーグ戦が導入され、先週にはU12のリーグ戦がはじまりました。

そしていよいよ今週からU11の前期リーグ戦も始まり、長男RたちKYSCの5年生チームは、京都市東地区の1部リーグで戦います。

地区内での1部、2部などのグループは4年生時の公式戦の成績を基に分けられ、KYSCは洛北カップでの準優勝が高く評価されて1部リーグ8チームの中に入ることができました。

1部リーグということで強敵ぞろいですが、この前期リーグで上位に入ることができれば今年度の後期リーグを府リーグで戦うことができます。

府リーグでは、京都府内の各地区で行われるリーグ戦上位の強豪チームが集まり、より高いレベルでの試合ができるチャンスになりますので、ぜひ出場目指して頑張ってほしいと思います。
(親バカも府下の強豪チームがどんなサッカーをするのか、どんな選手がいるのか、興味があるぞぉ^o^)

また、今年度後期のリーグ戦の成績を基に、来年度U12リーグ戦のグループ分けも決められるということのようです。


洛北カップ準優勝メンバーに新戦力が加わり、怪我人も復帰した5年生チームの更なる活躍に期待です!

でも、リーグ戦は8人制ということで、11人制よりもチーム内の競争が激しくなっています。

Rよ、まずは試合に出れるように頑張らなきゃね!



↓よろしければ、クリックして応援して下さいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

「顔を出す」意識

昨日はRのクー○ーの練習日。
ウォームアップを兼ねたボールマスタリーの後、1対1の練習、そしてミニゲームというメニューでした。

1対1の練習ではほとんど負けなしだったR。
最近はボールを持った時のプレーに鋭さを増していると感じます。

だからこそ、ゲームの中でよりたくさんボールを触るため、ボールのないところでの動き、いわゆるオフ・ザ・ボールの動きが大切になってきます。

この日コーチからも指摘されていましたが、Rのプレーはディフェンスの裏を取る動きに偏りすぎています。

もちろん、ディフェンスの裏を取れれば一気にゴールチャンスになるので、常に裏を意識することは大切なことです。
しかし、いつもそればかりでは相手に読まれてしまうし、味方の選手も常に裏にいいボールを出せるとは限りません。

そこで、状況に応じてボールを持った味方と相手の間に入ってボールを受けるプレー、「顔を出す」といわれるプレーも必要になってくると思います。

当然「顔を出す」プレーをしてボールを受けると、ゴールと自分との間にディフェンスがいるので、そこを突破する必要が出てきます。
また、必然的に相手に背中を向けた状態でボールを受けることも増えるので、どうやって前を向くかという部分の判断や駆け引き、技術も必要になってくるでしょう。

最初はうまくプレーできないことも多いかもしれないけれど、意識して経験を積めば、必ずいいプレーができるようになるはずです。

そしてそれが、プレーの幅を拡げるとともに、今まで以上にボールを受けてチームに貢献できることにつながるのです。

Rには「裏を取る」ことに加えて「顔を出す」意識を高めていってもらいたいと思います。


↓よろしければ、クリックして応援して下さいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

頑張れ「また抜き王子」(^o^)」

昨晩も息子たちとお風呂に入り、いつものようにその日の練習の様子をRが話してくれました。

「1対1の練習やったで。」などと話してくれていたのですが、
「エラシコで抜いたで!」と眉つばものの話を始めたあたりから雲行きが怪しくなり、
Tも対抗して「Tちゃんリフティング20回したことあるで!」などといいはじめ、
(Tのリフティングは、地面に落しながらするワンバウンドリフティング、「ワンリフ」ってやつですが^^)
なぜかサッカー自慢対決に。

2人とも鼻の穴を拡げながら(興奮したり緊張したり、力が入ると拡がるらしい)、
いろんな話をしてくれて、
ついには幼稚園時代までさかのぼりました。

「Rな、幼稚園でサッカーする時TRくんに『また抜き王子』って言われてたんやで。
 ドリブルもシュートもまた抜きばっかり狙ってたからなぁ。」

へぇ?なんじゃそのあだ名?それは初耳やぞ。

親バカは、「Rはその頃からアルゼンチン風やったんやなあ。」と妙な感心をしてしまいました。
(アルゼンチンの子どもたちはストリートサッカーでまた抜きを狙いまくるという話を何かで読んだことがあります。)

もっと前に知ってたら、このブログのタイトルも「頑張れ、また抜き王子!!」になってたかも?


今週の日曜からはU11のリーグ戦が始まることだし、

頑張れ! また抜き王子(^o^)」



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

2011年度初スクール

4月を迎え、長男Rも新5年生に。
毎週金曜日に通うクー○ーコーチングスクールは一昨日が今年度の初スクールの日でした。

春休みを挟んで3週間ぶりのスクール。いつも思うのですが人工芝でプレーすると、Rが2割増しぐらいでうまくなったように見えます(親バカ)。この日はドリブルのときのボールの足へのくっつき度合いがハンパない気がしました。


まぁ、それはともかく、なぜか今年度から金曜日だけは5・6年生でひとクラスとなり、Rたち5年生は上級生と一緒にプレーできることになりました。
所属するKYSCの練習では4・5年生で練習することが多く、親バカ的には正直物足りなく思っていたのでラッキーです(^^)v。
例えば1対1の練習にしても、KYSCではほとんど負けることはありませんが、スクールでは勝ったり負けたりでした。


また、最後のミニゲームではRも友達のTRくんも6年生に負けないプレーをみせてくれましたが、2人ともまだまだナンバーワンではありません。
しかも、同じ5年生ですごく上手い子がいました。今までに私が見た範囲ではRの学年で一番上手い選手かもしれません。
その子は、まだ少し線は細いですが、背が高く、足元のテクニックもあり、まわりが見えていてパスの判断なども良いです。多分足も速いでしょう。見ていて6年生だと思ってしまったほど完成度の高い選手でした。
先月不合格に終わったJの下部組織のセレクションでも、こういう子がたくさんいるとしたら、Rが不合格になったのも納得がいきます(その子がセレクションを受けたのかは知りませんが)。

TRくんも、そのGくんのことを以前からライバル視しているらしく、闘志を燃やしているそうです。私から見ても、彼はライバル・目標にするに値する選手だと思いました。
そこで当面の目標として「Gくんに勝つ!」ってことにしたらどうかとRに提案しました。Rからは「うん…」と生返事だったので、どう思っているか疑問ですが、とにかく自分より上手い選手と練習できるのは大きなチャンスだと思うので休まず毎週頑張って欲しいと思います。


そして、「早く6年生の試合にも呼ばれるようになって欲しいな~」なんて思っている親バカであります(^^ヾ

…でも全日予選は5月7日!?もう登録終わってるかも orz



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

こういうのを「サッカー脳」っていうのかな?

いつものようにRとお風呂で練習の話をしました。
今週の練習では色々なパターンのシュート練習をしたそうで、「こんなすごいシュートしたで!(^^)」などと楽しそうに話してくれました。

でも、ひとつうまくいかなかったのは、自分で足の裏で前に転がしたボールをシュートするというシンプルなメニューだったそうです。
このシュートがうまく蹴れないのは技術的な問題なので、特に私からは指導することはなく、「まあ頑張って練習しいや」と言っておきました。

しかしその後にRが言った苦手な理由(というか言い訳w)を聞いてちょっと驚きました。

Rの言葉を意訳すると(そのまま書くと非常にまわりくどい^^)、
「こういう(単純な)練習はやることが決まっていて楽しくない(これは言い訳w)。ゲーム形式の練習だと色々なプレー(イメージ)がどんどん浮かぶから楽しい!」(@_@)

もう少しく詳しく聞いていると、ゲーム形式の練習だと、パスを出すのか、ドリブルするのか、パスを受けてトラップするのか、ダイレクトなのか、トラップの方向は右か、左か、足下かなど、瞬時にたくさんの選択肢が頭に浮かぶというのです。

もちろん、サッカーをプレーするときは、どんなプレーをするか常に自分で判断しているわけですが、自分だけでなく、味方のプレイヤー、相手チームのプレイヤーなど、多種多様な状況の下で、一瞬で複数のプレーを詳細にイメージし、即座に最適なプレーを選択(判断)して実行するということは簡単なことではありません。

私も子どもの頃サッカーをしていましたが、正直言ってそんな感覚は持ったことがありません。
Rのことを技術的にはとっくに私よりも上手いと思っていましたが、そうではない、別の部分で私をはるかに凌駕していることに気付きました。

そして、『こういうのを「サッカー脳」って言うのかな?』と思っています。
日頃からRには「考えてプレーしようね」って言い続けてきた成果だと思うと、嬉しいような、でもちょっと羨ましいような気持ちになりました。

4月からRは5年生。
これからの対戦相手は更にスピード・パワーが上がってくることでしょう。
「サッカー脳」を生かし、自分の「イメージ」を表現できるように、テクニック、スピード、フィジカルあらゆる面で成長していく必要があります。

R、これからも頑張ろうね(^^)」


↓よろしければ、クリックして応援して下さいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
続きを読む »
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示