FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサの衝撃

UEFAチャンピオンズリーグ・ファイナル、バルセロナ対マンチェスター・ユナイテッドの試合は、世界中のサッカーファンに驚きと衝撃をもたらしたと言っても過言ではないでしょう。

スペイン王者のバルサが、イングランド・プレミアリーグ王者であるマンUを3対1というスコア以上の差を感じさせる内容で圧倒して勝利を収めました。

アーセナルのファンであり、プレミアリーグが一番面白くかつ最強であると思っている私自身、マンUは宿敵ではありますが、プレミアの代表として頑張って欲しいという思いもあり、マンUがなすすべもなく敗れ去ったことにかなりのショックを受けました。

その試合内容は、開始から10分ほどは互角の展開でしたが、一度バルサが自分たちのペースを掴んでからは、マンUのプレッシングをあざ笑うかのようにボールを回し続け、試合終了までほとんどボールを支配し続けるという圧倒的なものでした。

以前、元日本代表監督のオシム氏が、「未来のフットボールはバスケットボールやハンドボールに近づいていくのではないか」というようなことをおっしゃっていましたが、この試合でのバルサは、「彼らだけ手でボールを扱っているのではないか?」と思うほどに自由自在にボールを支配し、まさに「未来のフットボール」の姿を垣間見せてくれたような気がします。


そして、この「未来のチーム」の中枢には、シャビ、メッシ、イニエスタという3人の名手がおり、彼らは3人ともバルセロナの下部組織「カンテラ」で育った選手です。

これからもバルセロナだけがこの「未来のフットボール」を行うことができるのか、あるいは他にも同じようなプレーを繰り広げるチームが現れるのか、もしくはシャビ、メッシ、イニエスタという3人が揃った現在のチームが「奇跡」であって、今後同じようなチームはしばらく現れないのかもしれません。

ただ、「“現実の”未来のフットボール」がどのようになるかは別として、カンテラで育った選手たちを中心とするバルセロナが、現時点での最も理想的なフットボールを体現していることは確かだと思います。

また、カンテラ時代の彼らを知る人々は、「10歳ぐらいの子どもの頃から同じようなプレーをしていた。」「10年前も今も同じようにプレーをしている。」と口を揃えて言います。

例えば10年後の未来、長男Rは20歳、次男Tは17歳です。メッシは17歳の時すでにバルセロナのトップチームで試合に出場していましたし、20歳の時にはバルセロナの中心選手であり、世界最高の選手のうちの1人になっていました。

うちの子がメッシやイニエスタのようになれるかは別として、私のようなただの親バカであれ、実際にチームを指導しているコーチの方であれ、子どもたちのサッカーに携わる人は、バルサと同じように自分なりの「理想のサッカー」「サッカー哲学」を持つとともに、10年後・20年後に子どもたちがどんな選手になるのか、どんなサッカーをするのか、今現在の姿だけでなく、将来の姿を思い描きながら、子どもたちに接してもらいたいと思います。

そしてもちろん、私もそんなことを想像(妄想?)しながら、2人の息子たちに接していきたいと思っています(^o^)



では、「10年後、20年後のサッカーを見据えて、子どもたちにどんなことを身につけてもらうべきか?」
これについては、また近日中に…m(_ _)m



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

距離感の変化

ただでさえ親バカの私ですが、最近は長男Rの成長に従い、更にバカバカになっております(^^ヾ

いったい何が成長したのかずっと考えてたんですが、ひとつ確実に変わったと思っていることがあります。

それが「距離感の変化」です。

もうちょっと具体的に言うと、すご~く敵が近くにいる(ように見える)のに、すっご~~~く!落ち着いてるのです!

相手の選手がすぐ目の前にいる(ように見える)のに、全然慌てないんです!(@_@)w

だから、すごくプレーに余裕があるように見えるし、自信たっぷりにプレーしているように見えます。

おかげで最近は親バカも落ち着いて、自信を持ってRのプレーを見守ることができるようになりました(^^)


さて、昨日の土曜日はKYSCでの練習を見学しました。

私の期待どおり、6年生対5年生の主力組同士で6対6のミニゲームをしていました。

6年生とプレーするRを見るのは久しぶりだったので、成長したRがどんなプレーをしてくれるのか、すごく楽しみだったのです。

それどころか、「Rがいれば勝てる!」なーんて、思っちゃう親バカバカでありました。

そして、バカバカ親の期待通り、5年生が勝ちました!

6年生チームには府トレセンの韓国遠征にも選ばれるほどのエースがいますが、Rのプレーはそのエースにも劣っていなかったと思います。

6年生にも当たり負けしないし、寄せられても「新しい距離感」で落ち着いてスイッとかわしてしまいます。

チームとしても5年生チームの方がしっかりとパスを回してプレーできていました。

最終的に5対1ぐらいの大差がついてしまったのは、最後の方で6年生チームの集中が切れてしまったせいだと思いますが、それを差し引いても5年生がいい内容で勝ちました。

このミニゲームを見て改めて、Rが6年生チームに入っても遜色のないプレーができることを確信しました。

すでに全日予選は敗退してしまったけれど、秋の11人制の大会には6年生に混じって出場できるよう、これからも頑張ってね!(^o^)/


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

1対1にこだわる

Rの話によると、最近のKYSCの練習では1対1の練習をすることが多いようです。
どちらかといえば組織的な戦いを志向するKYSCで1対1の練習が増えたのは、少年サッカーで本格的に8人制が導入され、これまで以上に選手個々の能力が試合結果に反映されやすくなったためかもしれません。
(京都では6年生の全日までは8人制、秋以降の大会から11人制に移行)

また、スクールの練習でも、最後はミニゲームで終わるものの、基本的にボールマスタリーと1対1の練習をすることが多いみたいです。

たくさんの練習をこなすことで、最近のRは1対1へのこだわりが強くなってきたようです(元々負けず嫌いですが^^)。

もちろんフットボールは11人対11人で戦うスポーツですが、様々な局面では1対1の戦いがあり、1対1で優位に立てば試合を有利に進めることができます。
攻撃で相手ディフェンスを抜き去るのはもちろんですが、守備で相手のボールを奪うというプレーも自分とチームに勇気と勢いを与えます。
よく「組織か個人か」というような議論がありますが、「組織も個人も」というのが本当ではないでしょうか?

そして、Rは「1対1では絶対に抜かれない!」と、特に1対1のディフェンスに強くこだわっているようです。
だから、先週のリーグ戦でドリブル突破を許して失点したことは、口には出さないけれど、かなり悔しかったはず。

この悔しさをバネに、これからもRには1対1に「も」こだわる、「チームで戦える強い選手」を目指して頑張ってもらいたいと思います!(^o^)/



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

また自信喪失?(U-11リーグ)

5月15日(日)はUー11リーグ戦の2日目が行われ、RたちKYSC5年生チームはこの日3試合を行いました。
4月の1日目は2連勝と絶好のスタートを切ったKYSC。さらに連勝を延ばしていけたのでしょうか?


1試合目 vs Nの

緒戦は、これまでも何度も同じグラウンドで試合をしながらも、不思議と5年生チームは対戦のなかったNのさんとの初対決です。

前半 0-0
後半 1-0 R
合計 1-0 勝ち

終盤のRのゴールでなんとか競り勝ち、リーグ戦3連勝とすることができました。
しかし、内容的には正直イマイチ。それでも勝てたということが一番の収穫でしょうか。

全般的に押していたものの、個人の突破を中心としたゴリ押しの攻撃という印象が強い内容でした。
声もあまり出ていなくて、チームとしてのまとまりも欠いていたように思いました。

それでも試合終盤、この試合で何本もあったコーナーキックのうちの1本で、Kうきからの絶好のボールにRが頭で合わせ、やっとゴールが生まれました。
後ろにAっくんだけを残し、全員でゴール前になだれ込んだ執念が最後に実りました。

「いつも1試合目はこんなもんかな?」「1試合目に勝てたし、次からは元気がでるかな?」と思いながら、4連勝を賭けての2試合目を迎えることになりました。


2試合目 vs Sこう
続きを読む »

新境地を拓いた?

「ゲームは選手を成長させる」ってなわけで、5月3日からの3日連続の練習試合はRをひとまわり成長させたと思っています。


3連休初日は、相変わらずディフェンスを背負ってターンするときにボールを失ったり、中途半端に浮かすトラップをして敵に詰められたり、今までどおり、うまいけど何か物足りない、どことなく頼りない感じがありました。

ところが3日間のうちに、(たぶん)ターンもマスターしたし、うまさに鋭さ・力強さが加わって(親バカ^^;)、Rのプレーを安心して見られるようになった気がしています。


特に最終日の5日には、センターバックのポジションで今までにないプレーを魅せました。

これまでもセンターバックで起用されたことは何度かあり、ポジショニングとアプローチのタイミングでうまく守ってはいました。
ただ、その守り方は、抜かれないように気をつけながら後ろに下がりつつ、タイミングを見計らって止める、というどちらかといえば受け身のプレーでした。

しかしこの日は、相手のパスコースを読み、積極的に前に出ながらのインターセプトを何度も見せました。
確かにR自身の言うとおり、その時の相手がパスを丁寧につなぐチームだったので、パスを読みやすく、より積極的な守備をやりやすかったということはあるでしょう。
でもひょっとしたら、受けの守りから攻めの守り、「ボールを狩る」楽しみを覚えたのかもしれません。

そして、インターセプトしたら自らドリブルで持ち上がり、決定的なスルーパスを通すなど、攻撃面でも相手の脅威になっていました(1アシストを記録)。
これまでもパスをつなげることはできていたし、後方から一本のパスでディフェンスラインの裏を突くなど、パスで攻撃につなげることはありました。
しかし、この日のプレーはこれまでと全く質の違うもの。力強くドリブルで駆け上がり、無人の野を行くがごとくフィールド中央を切り裂く(大げさ^^ヾ)Rの姿は、圧巻でさえありました。


残念ながら(?)身長とスピードが決定的に足りないRをセンターバックに置くのは不安がありますが、この日のようなプレーができるなら、中盤の底、いわゆるボランチでも十分プレーできるのではないでしょうか?
もしも私が指導者なら、そこで試してみたくなるんじゃないかと思います。


いったい本当にRは新たな境地に達したのか?
その答えは今週末のリーグ戦で明らかになることと思います。

楽しみにしてください!!(^o^)/
(私が一番楽しみ!^^;)



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村

練習試合 2011/05/05

5月5日のこどもの日は、3連続練習試合の最終日でした。

対戦相手はFれすとさん。
4年生の秋の府大会で準優勝した強敵です。

15分ずつのゲームを5年生、4年生と順番に回していきました。
が、主にRたち5年生の試合について書きますm(_ _)m

1本目 0-0 引き分け

2本目 0-2 負け

3本目 0-0 引き分け

4本目 1-1 引き分け G:Tつ


Fれすとさんは、秋の大会で見た時からパスをつなぐ組織的なサッカーをするチームという印象がありました。
その印象に違わず、丁寧にパスを回すFれすとに対して、KYSCもパスをつないで対抗したいところでしたが、相手に一日の長があるという感じ。
前日の反省から、とにかく前に蹴るのではなく、パスをつなごうという意識は見えましたが、そう簡単にはいかず、ボールを支配され、カウンターで対抗するという構図になりました。
前日に引き続きみんなで粘り強く守るディフェンスで頑張っていましたが、なかなか少ないチャンスを活かすことができず、ゴールが決められませんでした。

それでも、4試合目はセンターバックに入ったRの中央突破から左サイドを駆け上がったTつにスルーパスが通り、キーパーとの1対1をTつが流し込んでこの日唯一の得点を挙げることができました。
コーナーキックから同点に追いつかれはしましたが、4年生のKうだいとGんきの頑張りもあり、まずまずの試合内容だったのではないでしょうか?


一方4年生チームについても少しだけ。
ケチョンケチョンにやられちゃいましたね…かなりショボーンとしちゃってかわいそうでした(>_<)
でも正直この日は相手が悪かった。この年代であれだけパスをつなげるチームは初めて見ました。全員がしっかりとボールを止められるし、まわりもパスコースをつくるためにしっかり動きます。すごく完成度の高いチームだと思いました。
4年生チームはこの連休中KYSCの中でも一番たくさん練習試合があって、体力的にもしんどかっただろうし、試合内容もなかなかうまくいかないことが多かったみたいですが、今のこの経験が必ず後々生きてくると思うので、悔しさをバネにこれからも頑張ってほしいと思います(^o^)」


続いてこの日のR。4本中3本に出場して0ゴール1アシスト。
1本目はフォワードで、3本目と4本目はセンターバックでの出場でした。

フォワードで出場した1本目では、ゴール前でフリーで横パスを受ける決定的なチャンスがありましたが、ダイレクトで蹴ったボールはゴール右へ外れてしまいました(>_<)
シュートの瞬間、Rが「うわっ!」と言ったので、パスをもらう準備ができていなかったのかと思いましたが、後で聞くとボールがイレギュラーバウンドしたとのこと。「ちゃんとシュートの準備してたで」ということで、まあ良しとしましょう。
また、この日も相手を背負ってのターンでうまくプレー出来ていたのもよかったと思います。

センターバックでのプレーでは、ポジショニングがよく、パスをたくさんインターセプトしていたのと、カバーリング、コーチングも含めていい守備ができていたと思います。
特に4本目ではインターセプトからそのまま前線へドリブルで持ちあがるという今までにない力強いプレーを何度も見せてくれました。Tつへのアシストもこの形から生まれたものです。


最後にこの3連戦について。
数名が6年生チームに帯同していたこともあり、全員集合とはいかなかったのですが、その分参加した選手たちにとってはたくさん試合する経験が得られました。
勝ったり負けたりで、うまくいかないことも多かったけれど、そのたびに試行錯誤を繰り返すことで一人ひとりの成長につながったことと思います。
また、かなり暖かくなってきてしんどい時もあったかもしれないけれど、勝利を目指しながらも、楽しそうに試合する子どもたちの姿はとても微笑ましく、また真っ黒になってきたその顔は少し頼もしくも感じられました。

これからもっともっといいチームになっていくと思うので、楽しくサッカー頑張ろうね!!



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

練習試合 2011/05/04

5月4日はKYSC5年生チーム、練習試合3連発の2日目。

対戦相手はOわがわさんとSこうさんでした。


1試合目 vs Oわがわ

前半 0-5
後半 3-0 Tつ、Tつ、R
合計 3-5 負け

前半、両サイドのスペースを簡単に使われ、失点を重ねました。サイドを使って攻めることは本来自分たちのやりたいことのはずですが、逆に思いっきりやられてしまいました。
それに、攻撃の3人は前線にへばりついて、守備陣に「ちゃんと守れ!」などど言うばかりで、ボールをもらいに行く動きや守備を助けにいくこともなく、前と後で完全に分かれてしまっていました。8人制で3人が前で待っているだけでは試合になりません。
後半こそTつとRの2トップに変えて2人の個人技とコンビネーションで3点を返して意地を見せましたが、前後分断の縦一本のサッカーはほとんど変わらず、チームがバラバラのままでした。

最近試合で勝てるようになって、自信が過信に変わっていたのではないでしょうか?
チームみんなで戦う自分たちのサッカーを忘れてしまったかのようです。


2試合目 vs Sこう

前半 0-1
後半 0-4?
合計 0-5?負け

1試合目の反省からか、慎重に守備重視で臨んだ?結果、前半はなんとか相手の攻撃を防いでいましたが、終了直前に失点してしまいました。
後半は点を取り返さないといけないという思いが逆効果となったか、1試合目と同じように攻めと守りで前後分断になってしまい、とにかく前方に大きく蹴るばかりのサッカーになってしまいました。しかも取り返すどころか、相手のドリブルに対してずるずると後退しては失点を繰り返し、いいところなく大敗を喫しました(>_<)

ぐうの音も出ない完敗で2連敗。
ちょっと天狗になりかけていた子どもたちにとっては、鼻っ柱をへし折られるいい機会だったといえるかもしれません(-_-)


この後は、前後半なしの15分一本ずつOわがわさんとSこうさんと試合をしました。

3試合目 vs Oわがわ
1-1 引き分け R

4試合目 vs Sこう
2-1 勝ち Tつ、Sうた

3試合目はRのゴールで先制したものの、追いつかれて引き分け。
ゴールもキーパーが大きく蹴ったボールをRが持ち込んで流し込んだもので、まだまだ不満の残る内容でした。

しかし、4試合目は勝ったからというわけではなく、内容的にも一番いい試合だったと思います。
まず、この日最後の試合で負けられないという思いからか、あいさつで整列するときから気合が入っていると感じたし、声もよく出ていました。
気持ちが入っていたからか、寄せが速くなり、ひとりがドリブルで抜かれても仲間がカバーする粘り強い守備も戻ってきました。
攻撃面でも、キーパーからとにかく前に蹴るのではなく、丁寧にパスをつなごうとする意図が見え、実際にうまくつながる場面も出て来て、見ていても楽しいサッカーになっていました。
2点を奪った後にセットプレーで1点を返されましたが、その後も粘り強く守り切り、この日最初で最後の勝利を手にすることができました。
「勝ったぁ~!!」と無邪気に喜ぶ子どもたち\(^o^)/ なんとか自信喪失のまま終わらずによかったです(^^)

それにしても、他チームのことで余計なお世話かもしれませんが、今日対戦したSこうさんについて…
京都で指折りの名門チームでもあり、「勝って当たり前だ!」と言われてでもいるのか自分たちで思ってでもいるのかわかりませんが、点を入れても全然喜ばないし、勝ってもあんまり嬉しそうに見えない。
「サッカーを楽しめているのかな?」なーんて、ちょっぴり心配してしまいます(ホント余計なお世話m(_ _)m)


さて、この日のRは4試合フル出場。2ゴール3アシストでほとんどの得点に絡むことができました。
でも、1試合目の前半は前線で待っているだけで、ボールを引き出す動きがほとんどありませんでした。
また、1対1の場面で頑張ってはいたけれど、ディフェンスが軽くてアッサリと抜かれて後ろに任せてしまうところも気になりました。
それでも、前日に課題となっていたディフェンスを背負ってのターンがこの日はワンタッチでうまく振り向いて相手を外すことができていたのは収穫だったと思います。


まあとりあえずは、もう1日ガンバロー!
(ホントはこれを書いてる時点でもう結果を知ってるんだけどね^^)


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

練習試合 2011/05/03

5月3日から5日までの3連休、KYSCは練習試合三昧。

Rたち5年生も、5月15日のリーグ戦に向けて3日連続で練習試合が組まれています。


今日はその初日で、対戦相手はOつかさんでした。

結果は2勝1分け(スコアは、5-0、3-3、3-1ぐらいだと思う…汗)

数名が6年生チームに帯同している中で、結果・内容ともにとても良かったと思います。
誰が試合に出ても、粘り強く守り、ボールをつないで攻める、KYSCらしいサッカーができており、改めて成長を感じることができました。

今日は4年生と交互に試合をしたのですが、ボールを回す意識はあるけれどなかなかうまくいかず、パスカットされて失点してしまうなど、もどかしい試合ぶりの4年生チームを見ていると、ちょうど1年前の5年生たちのようで、懐かしく、4年生には申し訳ないけれど、すごく微笑ましく思え、より5年生たちの成長を実感していました。
今はなかなか結果が出ずに悔しい思いをしている4年生たち(お父さんお母さん達も^^)ですが、1年後には今の5年生たちと同じように、いいサッカーを魅せてくれるようになっていることでしょう。…なーんて、ちょっと上から目線ですいませんm(_ _)m

ともかく、好調の続く5年生チーム、リーグ戦に向けて明日も明後日も頑張ろう!!


この日のRは、1試合目が前後半フル出場で4得点、2試合目が後半のみで2得点、3試合目が前半のみで無得点という結果。
なんだか尻すぼみな感じですが、3試合目も3・4点は取れるチャンスがあったけれど、キーパーのファインセーブがあったり、ポストに嫌われたりで、この日はもう打ち止めって感じでした(T_T)

課題としては、敵を背負ってターンするときに簡単にボールを取られてしまったことと、長い距離を走ってのシュートで腰が回りきらなかったことです。

それでも、だいぶしっかりとボールを捉えてシュートが打てるようになってきたので、威力が増して“得点の匂い”を漂わせるようになってきたかなぁなんて、親バカに思っています(^^ヾ

R、これからもしっかり練習しようね!



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示