FC2ブログ

U-12 KG大会 1位トーナメント

8月27・28日の2日間で行われた大会の2日目です。
初日の予選リーグを3戦3勝のグループ1位で通過したKYSCは、各グループの1位4チームによる1位トーナメントに臨みました。


vs M・Kトレセン
 前半 3-2 Kま、Kうき、Kうき
 後半 0-0
 合計 3-2 勝ち
トーナメント緒戦は、この大会で2度目となる地域トレセンとの対戦になりました。
前日と同様、個人技に優れる相手に対してチームワーク、パスワークで対抗したいところです。

ところが、試合開始早々、前日の勢いそのままにKまの豪快なゴールで先制しました。
その後一度は同点に追いつかれるも、好調のKうきが爆発的なスピードを生かした連続ゴールで3-1とリード。
このままの勢いで押し切りたいところでしたが、前半終了前にまたもディフェンラインのミスから失点を喫し、3対2の1点リードで前半を終えました。

前半だけで両チーム合わせて5ゴールという試合とディフェンスラインを落ち着けるためか、後半からはフォワードのRを右センターバックにポジションチェンジ。
それでも前に後ろに忙しい、慌ただしい試合が続きましたが、ディフェンスラインでの大きな破たんを生じることなく、何とか逃げ切りに成功しました。

試合内容はともかく、強敵相手に勝利を挙げたことはまたひとつ選手たちの自信になったと思います。
しかし、この試合でも2失点ともディフェンスラインでのミスからの自滅というパターンであり、やはり今後修正が必要だと思いました。


vs KK支部選抜
 前半 0-1
 後半 1-2 Kう
 合計 1-3 負け
決勝戦の相手は、同じ市内のおなじみのチームからの選抜チーム。
トレセンチームではありませんが、府トレセンメンバー3名をはじめ、強豪チームから選抜された優れた選手たちを擁する強敵です。

アンセムが流れる中、審判団を先頭に両チームの選手が入場。
ここまでは経験済みでしたが、この大会では入場行進中に両チームの選手の名前まで読みあげられるオマケ付きでした(^^)

試合開始の笛が鳴ると、決勝戦の緊張からか、単に実力の違いか、序盤から自陣に押し込まれるKYSC。
そしてもはやお約束という感のあるディフェンスラインでのミスから早々に失点を許しました。
その後も猛攻を受けるKYSCは、ほとんどパスをつなぐことができず、ゴールキックなど後方から大きなボールを出して一発にかけるばかり。それで何度かチャンスはつくりましたが、ゴールを割るまでには至りません。

後半、選手交代で中盤の選手を入れ替え、何とか主導権を奪おうと試みますが、やはりパスはなかなか繋がらず、試合の流れは変わりません。
2点を追加されて0対3。試合の大勢は決しました。
その後、次々と選手を入れ替える余裕を見せる相手に対し、後半途中からフォワードの位置に上がったKうが意地のゴールを挙げますが、もはや焼け石に水でした。

最終的に1-3での敗戦ですが、スコア以上の完敗orz
何度も何度も決定的なチャンスをつくられ、もっと点差が開いてもおかしくない内容でした。

チーム全体でボールを回し、ピッチを広く使うKYSCのサッカーはパスが生命線。
しかしそのパスが、少し相手のプレッシャー・寄せが速くなると、繋がらなくなってしまいます。
ある程度自由にさせてもらえる相手なら、トラップして周りを観てからパスを出しても繋がりますが、レベルが上がるとそんなに時間と余裕を与えてもらえません。
今までトラップしていたところをダイレクトで出したり、足下に止めていたところをすぐに蹴れる場所に置いたり、トラップする前に周りの状況を確認したりと、これまで以上に細かい技術面を磨いていく必要性を大きく感じる試合でした。

また、この試合の相手は、もちろん個人の能力は優れていても、いわば寄せ集めの急造チームです。
そんなチームでもボールを失わずにパスを繋いで攻撃ができるのは、パスコースがなければ一旦落ち着いてボールをキープし、場合によってはドリブルで相手を外してパスコースをつくってからパスを出すというプレーが出来るから。
「パスサッカー」をするから個人の技術がいらないわけではなく、基盤となる技術があるからこそパスが繋げ、レベルが上がれば上がるほど、「止める、蹴る、運ぶ」の基礎技術が必要であるということを再確認できる良い経験になったと思います。


「準優勝」という予想以上(失礼!)の結果を残せたとともに、決勝戦の完敗で「上には上がいる」ことを思い知らされ、子どもたちには本当に良い経験になったと思いますし、応援した保護者たちも大満足の大会でした(^^)/

9月に予選が始まる公式大会に向け、また今日から頑張って練習してね!!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



U-12 KG大会 予選リーグ

8月最後の週末。2日かけての大会が行われます。

参加16チームには○○地区トレセン、××地域選抜、△□合同チームなどなど、「いい選手がたくさん観れるかなぁ?」と期待して観戦に行ってきました。

土曜日は4チームずつに分かれてのリーグ戦です。


vs Hがわ
 前半 1-1 Kうき
 後半 1-0 Kう(Tお)
 合計 2-1 勝ち
試合開始早々、いつものようにディフェンスラインでのミスが出て自滅する形で先制点を与えてしまいました。
いつもならここからズルズルとミスが続くところでしたが、この試合は徐々に落ち着きを取り戻し、ボールを支配し始めます。そして、リズムが出てきたいい時間帯でKうきの同点ゴールが決まりました。
同点で迎えた後半は圧倒的にボールを支配し、ポスト直撃のシュートなど、決定機を何度も作りました。
なかなか追加点が奪えない中、KYSCはフォワードのRとセンターバックのKうのポジションをを交代させ、追加点を狙いに出ます。そしてついに、試合終了間際にKうが豪快にゴールに突き刺して勝ち越し!
見事采配的中で緒戦を勝利で飾りました(^o^)b

vs Tトレセン
 前半 1-0 Kうき
 後半 1-0 Kうき
 合計 2-0 勝ち
2試合目はトレセンチームとの対戦ということで、高い技術を持った相手とどんな戦いができるかが注目でした。
序盤こそ、相手の個人技と寄せの速さに押し込まれましたが、それをしのぐと、ピッチを広く使ってボールを支配しはじめるKYSC。
素早く、広く、ボールを回し、ゲームをコントロールする様子は、私が今まで観た中でベストゲームと言っていいと思います!
確かに、最終的に2つのゴールは豪快にドリブルで突破したKうき個人の力ですが、そのKうきのところまでしっかりとボールを繋いだのはチームの力です(^o^)/

これで2試合ともKYSCらしいプレーで連勝を飾りました。
しかし、これで安心、油断することなく、3試合目を全力で勝ち切ることが大切です!

vs NJFC U-11
 前半 2-0 Kま、R
 後半 2-1 R(Yう)、Kう
 合計 4-1 勝ち
前半で2点のリードを奪いましたが、決して内容はよくありません。
U-11とは思えない相手の速い寄せに慌ててボールがなかなかうまく回せません。ゴリ押し気味のカウンターで2点を取れたのはラッキーだったと思います。
後半も同様に自分たちのプレーができないままでしたが、一瞬の隙をついて3点目を加えて試合としては勝負あり。最後は控え選手もたくさん出場させることができました(1点は失ってしまいましたが・・・)。


いい内容で勝てた2試合と、内容はイマイチだけど点差はいちばん開いた3試合目。
チームのいいところと問題点が改めて出た予選リーグでした。

そんな中で、3連勝で1位でリーグ通過という素晴らしい結果を得たことで、2日目の日曜日は1位トーナメントで更なる強敵と戦うチャンスを得ることが出来ました。

昨日よりも更にいいプレーを期待しているよ!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

空飛ぶニッポン人

今日はKYSC主催のカップ戦があったのですが、そっちのけですm(_ _)m

「空飛ぶオランダ人」といえば、サッカー界のレジェンド「ヨハン・クライフ」。
しかし、今日はRが「空飛ぶニッポン人」になりました!

左サイドのSきからのクロスに、スライディングのような形で飛び込み、右足でダイレクトボレー!!

「オォ~!・・・あれ、どっかで観たような??・・・そうや!クライフや!!」
ということで、帰宅してすぐに動画をチェックすると、まさにこのシュート(^o^)/

↓この動画のいちばん最初のシーンです!


もちろん、ワールドカップのブラジル戦と、小学生の練習試合とでは舞台が全然違いますが、それはそれ(^^)ヾ

親バカ抜きでも「カッコイイー!!」と思えるようなゴールでした。

帰宅したRにも動画を見せると「メッチャ似てるやん!」とご満悦(^^)

チームメートからも「プロ級や!」とお褒めの言葉をもらったそうです。

そしてめでたく、親バカが選ぶ「Rの伝説のゴール!」第1号に認定されました(^o^)v

これからも、「伝説のゴール」をどんどん増やしていってくれよー!!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

「自分なり」のプレー

昨日も大阪で練習試合がありました。

Nはやさん、Yけんさん?、とKYSCの3チーム、6年生チームは11人制、4・5年生チームは8人制で、2つのコートを使い、20分交代で、あっちへ行ったりこっちへ来たり、入り乱れての試合でした(^^)


例によって私はRが出場した6年生チームの試合を中心に観戦。
計6本のゲームすべてで1-4-4-2のフォーメーションでした。

チーム全体としては、2日前の8人制のゲームに比べるとだいぶパスが回るようになっていたと思います。
ただ、まだまだキックミスによるパスミスが多く、精度を上げる必要があると思いました。
また、パス回しは横パス中心で、なかなか前にボールが運べないことが多く、ボランチ辺りからの縦パスが入るようになると変化が出てきて更によくなるのではないでしょうか。
(相変わらず上から目線の私m(_ _)m)


さて、Rのプレーですが、まず最初から4本目までは2トップの右でプレーしました。
左からのクロスをダイレクトボレーで決めた1点目、ポストの跳ね返りを押し込んだ「ごっつあん」の2点目と、「ワンタッチゴーラー」の本領を遺憾なく発揮すると、3点目はドリブルで中央を抜け出し、キーパーとの1対1を確実に左スミに流し込むこれもRらしいプレーでした。
これら得点シーン以外にもポストプレーでダイレクトにはたいてのスルーパスなど、フォワードではそれなりの安定したプレーが出来たかなあと思います。
あとは、「絶対にゴールを決める!」っていう気迫が表に出てくれば、もっと「怖い」選手になれるんじゃないでしょうか?

そして、5本目と6本目は右のサイドハーフにポジジョンを移してプレーしました。
最近は中央のポジションで使われることが多く、11人制でのこのポジションはほとんど経験がないと思われ、最初は戸惑いが感じられました。
特に、前の4本でこのポジションに入っていたKうきのようにドリブルで縦に一気に抜け出すスピード・瞬発力はRにはありません。
しかし、ドリブルで中に切れ込んでのスルーパス・シュートや、味方とのワン・ツーで縦に抜け出すなど、「自分なり」のプレーでリズムを掴み始めると、今度は中へプレーするフェイントを入れることで、ドリブルで縦方向に抜けるプレーも出せるようになってきました。

慣れない、苦手なポジションでも、自分の出来ることを考え、「自分なり」のプレーが出来るようになったことに、またひとつRの成長を見つけた気がします。
キーパーを含め、小さい頃からあらゆるポジションを経験してきたことが生きて来たのだと思います。
これからも、与えられたポジションで、精一杯自分にできること、「自分なり」のプレーを全力でやり切ろう!それは必ず更なる成長につながるはずだよ(^o^)/


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

SDカップ(U-12) 2011/08/20

昨日は大阪でU-12のカップ戦がありました。

8人制で行われ、KYSCは1-2-4-1のフォーメーションでした。


vs Sダイ
 前半 0-1
 後半 0-0
 合計 0-3 負け
KYSCがボールを支配していましたが、相手のスピードのあるカウンターでやられてしまいました。
攻撃面で最後の決め手に欠けるという印象でした。

vs Aルバ
 前半 0-0
 後半 0-1
 合計 0-1 負け
攻守ともに相手の出足が鋭く、ほとんどボールを前に運べませんでした。
スコア上は接戦で、失点もCKからの不運な形での1点だけでしたが、内容的にはもっと差がついてもおかしくないぐらいの完敗でした。
止める、蹴る、運ぶ。一人ひとりの基礎技術に差があると感じました。

vs Mさき
 前半 0-1
 後半 0-2
 合計 0-3 負け
2試合連続で無得点負けということもあってか、2トップに変更して臨みましたが、結果は出ませんでした。
2試合目の相手ほどの技術の差は感じませんでしたが、大柄な選手の揃ったチームを相手に、少し腰が引けてしまったかな?という印象です。


結局3戦全敗、しかも無得点で、4チーム中最下位という結果でした(>_<)

やはり、得点できない攻撃面に大きな課題があると思います。
ディフェンスから中盤まではパスを繋げていますが、そこから前にボールを運べません。
前線の枚数が少なく、後ろから追い越す動きもないので、縦パス一本でFWまたはサイドの選手を走らせるか、サイドの選手あるいは中央から個人でドリブルで持ちあがるしかありません。
全体で押し上げる時間をつくり、厚みのある攻撃をするために、中盤でパスを繋ぐか、ドリブルやキープでタメをつくるプレーが必要だと思いました。

大会終了後、出場機会のなかった選手を中心にMさきさんと練習試合をしましたが、むしろこの試合の方がいいサッカーをしていました。
フォーメーションがすべてという訳ではありませんが、1-3-3-1の形で選手がバランスよく配置され、パスコースが見つけやすいのか、パスがよく繋がっていたと思いました。
正直KYSCの選手・やろうとしているサッカーには、チームでまとまってプレーできる、このフォーメーションの方が合っていると私は思います(勝手な意見ですが^^ヾ)。


さて、先日は芝生をコロコロ転がされていたというR。この日のプレーはどうだったでしょうか?

1試合目は後半終盤にセンターフォワードで出場。最初のプレーでいきなり前日のスクールで習ったルーレットを繰り出し(@_@;)、ディフェンダーの足に当てながらも運良く抜け出しましたが、シュートは別のDFに防がれました。
ボールがない時の動きやイメージを持ちながらのファーストタッチもまずまずよかったし、少ない出場時間の中で前線での守備などから何度かチャンスを作りました。

2試合目はセンターフォワードで先発しましたが、ほとんどボールを触れず、前半途中で交代しましたorz
しつこくマークし、前に出てパスをインターセプトしてくるディフェンダーに対してどう対抗すればいいのか、良い学習機会になったのではないでしょうか。

3試合目は後半からセンターバックで出場。
身体の大きい相手に気圧されたか、組み立ての場面で積極的にボールをもらう意識が足りなかったと思います。
そのような受け身のプレー姿勢だったこともあってか、持ち味のはずのダイレクトパスもいつもより精度を欠いていました。
また、2点目の失点シーンでは、ドリブル突破してきた相手選手について行きましたが、身体を寄せきれずにシュートを撃たせてしまいました。このシーンについてはRも後で反省しており、いい薬になったようです。

とまあ、いつもながらにいいところもあれば残念なプレーもありのRでしたが、この日と前日のスクールでのプレーを見ていて感じたのは、「ちょっとプレーが力強さを増したかなぁ~?」ってこと。いわゆる「体幹」が真っすぐ伸びたいい姿勢でプレーしていた気がしました。
コロコロ転がされて、ちょっぴり大きくなったかな?


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

芝生でコロコロ

昨日(8/17)、お盆明け最初の試合(KYSC主催のカップ戦)がありました。

秋の公式戦に向けて、Rは11人制の6年生チームで試合に出場したのですが、珍しく観戦に行けなかったので、帰宅したRの話です。


最初に出てきたのが「めっちゃ吹っ飛ばされたで!」という言葉。

1試合目はフォワードで出場したようですが、大きくて強いセンターバックとぶつかり合って、何度も転がされたようです。
そんな調子で、なかなか思うようにドリブルなどはさせて貰えなかったようですが、それでも粘り強く戦って何度かチャンスをつくったとのこと。
でもやっぱりゴールを奪えなかったことが残念だったようで、淡々と話しながらも、Rの表情には悔しさがにじんでいました。

2試合目以降はセンターバックで出場したらしく、1試合目の相手以上に大きな選手ともぶつかり合って飛ばされたり、あるいは自らスライディングで飛び込んだり、天然芝のピッチの上で必死でコロコロ転がり回っていたみたいです(^^)

結局カップ戦4試合で1勝2敗1引き分けに終わり、R自身も「キックミスが多かった」と満足のいくプレー内容ではなかったようですが、大きく強い相手と戦うことを楽しみ、今後に向けて静かに闘志を燃やしているようにも見えました。

これからも6年生チームで戦うのであれば、もっと大きくて強い相手もいるはず。
何度も何度もぶつかって、コロコロ転がって転がされて、雪だるまが大きくなるように(どんな例えやねん^^)、どんどん大きくなってもらいたいものです。


それにしても、一夜明け、今朝起きたRの第一声が「昨日の芝生めっちゃ気持ちよかった~(^o^)!」だったので、よっぽどいい芝生だったんでしょうね。

来週も同じグラウンドで試合が出来るし、楽しみだね!!


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

「実りの秋」に向けて

五山の送り火とともに京都の夏が行き、・・・と書いたところで「去年も同じフレーズを使った気がする?」と思い、1年前の記事を見てみると、全く同じ書き出しでした(汗)

まあとにかく、まだまだ残暑が厳しいようですが、子どもたちのサッカーはすでに秋に向けて動き出しています。


RたちKYSCの6年生トップチームも、秋の11人制の大会に向けて、7月下旬の練習試合からチーム作りが始まっています。
今のところ、フォーメーション、選手、ポジションをいろいろ試す段階で、Rもトップチームのグループに入り、主にセンターバックやセンターフォワードで試されていますが、まだまだポジションも、メンバー入りも確約された状況にはありません。
今日17日、お盆明け初っ端からクラブ主催のカップ戦があり、その後も続々と練習試合、カップ戦の予定が入っており、本格的に秋の大会に向けた競争が行われます。
また、11人制のトップチーム入りもそうですが、同時に自分の学年である5年生チームでは、8人制の後期リーグ戦で府リーグで府下各地域リーグで上位の強豪チームと戦うメンバーに入るための競争もあります。


そんな状況を知ってか知らずか、お盆休みですっかり腑抜けた様子のR。
ちと気合を入れにゃあいかんと思い、「17日はいきなり試合やで!毎日遊び呆けて練習もせんと、試合でいいプレーしたいっちゅうのは都合が良すぎるんちゃうか?!」とカル~く?ハッパを掛けました。

15日は自主練させ、昨日16日は私も一緒に、午前は夏の練習試合やキャンプで課題になった技術面の確認練習を行い、午後は頭の体操に?、関西U-12ナショナルトレセンとバルセロナキャンプの練習を観に、JGreen堺まで足を伸ばしました(^^)ヾ

トレセンでは、6年生の試合に出してもらえれば対戦するかもしれない、関西トップレベルの6年生たちのプレーを目の当たりにし、自分に出来ること、足りないことを感じて刺激を受けたようでした。

バルサキャンプでは、RとT2人おそろいでレアルマドリーのCR7ユニフォームで乗り込み、バルサのコーチにちょっとイジられましたが(^_^;)、練習中にたまにスペイン語が聞き取れると、「今クアトロって言うた!」などと妙に盛り上がっていました。
肝心のプレー面ではコーチが注意していることと褒めていることに注目して観察し、ボールをもらうための動き出し・ポジション・身体の向きや、逆サイドなど周りを良く観ることを改めて学んだようです。


こうして、「実りの秋」になるように、秋シーズン開始前に「カラダ」と「アタマ」に刺激を与えられたかな?と思っています・・・あれ、「ココロ」は?
うーん、大文字の送り火でご先祖さまをお見送りして、「心を整えた。」かな?


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村


あれ・・・・・
 

ドリブルする道

っていうのが見えるらしいです(-_-;)。

毎度のことながら、長男Rの話です。

昨日突然こんなことを言い出しました。
「Rなぁ、最近ドリブルする道が見えるねん。」

意味がわからず、「暑さでアタマやられたんちゃうか?」と思いつつ、もう少し話を聞いてみました。

どうやら最近、所属するKYSCで1対2の練習をすることがあり、その時に、ドリブルで2人を抜き去る「道」つまりドリブルするコースが見えるというのです。
ただ、単純にそこにドリブルすればいいというものではなく、その道にたどり着くまでにジャマ者(ディフェンス)がいるので、フェイントでかわしたり動かしたりしなければいけないそうで、そういう動きも詳しく話しているので、あながちウソや妄想だけではないようです。

それにしても、木村和司さん(現マリノス監督)や名波浩さん(解説者)といった「パスの名手」が、「フィールドを斜め上から見ているように見える(俯瞰で見える)」という話を聞いたことはありますが、「ドリブルする道」というのは初耳です。

「たぶんサッカー漫画の読みすぎちゃうかなあ?」と思いつつ、「それで上手くなるんやったらまあエエか」と、とりあえずは成り行きを見守ることにする親バカなのでした(^_^;)


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

山田直輝にそっくり!

こんなこと書いたらレッズサポーターに怒られるかな~?と思いつつ書きますm(_ _)m
ちなみに私は元々レッズファン(福田→永井の№9時代)ですが、カズさん、松井、パクチソンの頃から西京極に通い出し、子どもがサッカーをやるうちにやはり地元のサンガを応援するようになってきました。


さて、昨日はA代表が日韓戦で大勝したためすっかり陰に隠れてしまってますが、その露払いでU-22のエジプト戦もあったんです。

そして私は日韓戦よりも、前座のはずのU-22の試合にクギ付けになってしまいました。
なぜならU-22代表の中に長男Rとそっくりな選手がいたからです!

それが、浦和レッズ所属の山田直輝選手。
現在21歳の若さながら、すでにA代表での出場歴もある選手ですが、立て続けに怪我に悩まされてきたことや、サンガのJ2生活が多いこともあって、なかなかプレーを観る機会がありませんでした(でも実は彼のプロデビュー戦は西京極でのサンガ戦だったらしい!)。

で、初めて観た山田選手は、身長166センチという小柄な体格もそうなんですが、とにかく中盤でプレーする姿がRとそっくり!
ダイレクトプレーを連発するプレースタイルも、パスの出し所のアイデアもRとおんなじです。
本当にプレーのリズムがRといっしょで、テレビ解説の金田さんが「うまいな~」とか「よく見てたな~」と山田選手のプレーを褒めるたびに、私は「Rとおんなじ!」「Rとおんなじ!」と思っていたのでした(^^)ヾ

もちろん、まだ10歳のRと比べるのは、あらゆる条件が違いすぎていますが、今までなかなか形容しにくかったRのプレーを表現したり理解したりするのにひとつの指標にはなるかな、と思っています(なんか上から目線ですね・・・)。
それに、同じようなプレースタイルの選手が日本代表に選ばれたりして評価されていると、なんとなく嬉しく励みにもなりますよね。

一方で、山田選手のプレーを観ていると、「やっぱりRもミッドフィルダーが向いているのかな?」なんて思ったりもしますが、それはそれ、まだまだこれからのRですから(山田選手もまだまだこれからですよ^^)、今は大好きなゴールを一杯狙えるフォワードにこだわりつつ、いろんなポジションを経験していけばいいかなと思っています。

山田選手に追い付け追い越せ!!で頑張ろうね!!
でも、海外好きのRは山田選手の存在すら知らない?・・・(>_<)


↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村

ボカクリニック 2011

8月4日、5日、長男Rは毎夏恒例となったボカ・ジャパンの開催するクリニックに参加しました。

Rにとっては今年で3回目の挑戦。昨年までのキャンプ形式から、1日1時間半でその日ごとにテーマを定めての練習形式に変わり、所属するKYSCのキャンプと日程が重なったこともあって、全5日のうちの2日だけの参加になってしまいました。
ほとんどの参加者は5日間の全日程に参加していると思われ、2日しか参加できないRにとっては正直アピールのチャンスが少ないというハンデもありますが、そこは過去2年の参加でアルゼンチン流を身体に叩き込んであるはず!
「今年こそ特待生に選ばれてアルゼンチンに行くぞ!!」と意気込んで(特に父親が^^)参加しました。


初日となった4日(木)は、せっかくの鈴鹿ということで、次男T、妻Nと家族4人で鈴鹿サーキットの遊園地とプールで遊んでからクリニックに参加。
少々の?遊び疲れに加え、初日ということでさすがに緊張もあったのか、少し元気のなさそうなRでしたが、練習時間が近づき、昨年のキャンプでも一緒だったボカ仲間のKくんの姿を見付けて笑顔が戻りました(^^)
実は昨年のキャンプで一番の仲良しであり、大阪に住む彼とは、1か月ほど前のカップ戦で再会・対戦していたのでした。

さて、この日のテーマは「キックの強弱と精度の向上」。特に「強いキックを蹴ること」は、Rと私の2人が共通して課題と感じていることでした。

まずはドリブルやボールタッチでのウォーミングアップ。
同じグループに入れてくれたKくんのおかげでスムーズに練習に入ることができました。メニューの合間に「1(ウノ)、2(ドス)」という掛け声とともに行われるストレッチにやや戸惑いの表情を見せたものの、ニコニコとボールと戯れる笑顔は、いつものRでした。

続いてはインサイドキックやインステップキック、それに太ももやヘディングなど、様々なところを使ってのパスの基礎練習。
右でも左でも同じように蹴れるRですが、これまで1度も練習したことのないボレーキックやジャンプヘッドのメニューには大苦戦。
練習後に「あの時は観てて焦ったわー!」と言うと、「Rも焦ったぁ」と答えていましたが、コーチの指導のおかげで徐々に形になっていました(^^;)

次に、R最大の課題であるシュート練習。サイドからドリブルやパス交換で中央ペナルティライン辺りに切り込んでシュートを撃ちます。
Rが腰のひねりを意識していることは遠目にも十分わかりました。まだまだイメージ通りにドカンと飛んではいかないけれど、しっかりと意識して練習を重ねれば、身体の成長と併せてどんどんいいボールが飛んでいくようになるはず。これからも頑張ろうね!

最後は四隅にコーンでゴールを作ってのミニゲームを楽しみ、ストレッチでクールダウンしてこの日のクリニックは終了。
技術練習が中心で、コーチにアピールとはいきませんでしたが、去年のキャンプと同じ、テンション高く練習に集中するRになっていたので良かったと思います。


5日(金)、最終日のテーマは「実戦での技術の応用と個々の技術の再確認」。いよいよゲームでRの実力が測られることになります。

かなり早めに現地に到着してしまい、少し時間を持て余すぐらいでしたが、エンジンのかかりの遅いRにはちょうどよかったかも?とポジディブシンキング。ピッチで行われている3・4年生のクリニックを観て徐々にテンションを上げていきます。
しかし、3・4年生が終了すると、ピッチの真ん中に置かれていたゴールがピッチの端まで運ばれました。大人と同じ、フルコートでゲームを行うようですw(@_@)w「この広さはシンドイぞ~。」と思いましたが、心配していても仕方ありません。Rを信じて見守るのみです(-人-)

最初は、前日と同様にドリブルやボールタッチにストレッチを交えながらのウォーミングアップ。この日もKくんと同じグループに入り笑顔でボールと戯れます。

そして、6年生で1チーム、5年生で2チームの計3チームに分かれてビブスをまといました。

最初は、6年生チーム対5年生のRたちチームの対戦。
両チームともアルゼンチン伝統の4-3-1-2のフォーメーションでポジションを決めます。幸運にもRは希望ポジションである左FWでプレーすることが出来ました。
Rの動きを中心に追いかける親バカ目線では、ディフェンダーの視野から消える動きや、逆にデイフェンスラインと中盤の間のスペースに顔を出す動きなど、「ヘイヘイ!」と声を出しながら積極的にボールを貰おうしていて、まずまず良かったと思いますが、なかなかボールが回ってきませんでした。
また数少ないボールを持った時のプレーでも、スピードが足りず、シュートまで持っていくことが出来ません。
試合の途中からは、コーチが見るに見兼ねてか、予定どおりかはわかりませんが、何度もプレーを止めてポジショニングなどの指示を出していました。
その効果でRにもっとボールが回ってくることを期待しましたが、願いも虚しく、目立った活躍は出来ないうちに1試合目は終了してしまいました。

次の試合は6年生チーム対5年生のもう一方のチームで、その間Rたちは隅っこでサッカーテニスをして、リフレッシュ。そして最後の5年生同士の試合に臨みます。

その最後の試合では、Rは中盤のボランチにポジションを移しました。
パスを貰う側からパスを出す側へ。結果的にこのポジションチェンジがRにとって良い方に転がりました。
まずは的確なポジショニングから、流れを読んでのインターセプト。ディフェンスでリズムをつかみます。
次はオフェンス。中盤の底で味方からボールを引き出すと、Rの代名詞?、ダイレクトパス。少なくとも2点はこのRの縦パスから生まれました。
更に、前が詰まっている時には落ち着いてキープしてからのサイドバックへの展開のパス。ボールの奪り合いでは昨年のキャンプで叩き込まれた身体を張ったプレーで大きな相手にも負けない力強さを見せました。
KYSCで身に付けた判断力、ボカで鍛えた力強いプレー、クーバーで磨きをかけた技術。これまでのサッカー人生で習得したRの力を、全てとはいかないまでも、存分に発揮してくれました。
仮に(というかその可能性の方が高いんですが^^)特待生に選ばれなかったとしても、この試合でのプレーには親バカは大満足です。
特に、Rの持ち味である正確なダイレクトパスは、他の選手にはない「違い」を少しは示せたのではないかと考えています。


2日間、わずか3時間ほどの短いクリニックでしたが、新たな課題とちょっぴりの自信をRに与えて貰いました。
クリニックを終えたRは「緊張してガチガチやった」といいながらも、「また来年も来たい!」と意気込みを見せていました。
また来年、更に成長した姿を見せられるように、これからも頑張ろうね(^^)」


エドウィンコーチ、カルロス、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
次に会う時は、もっと「大きく」なって会えるように、毎日を積み重ねていきたいと思います!!



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
 NEXT>>
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示