FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカクリニック 2011

8月4日、5日、長男Rは毎夏恒例となったボカ・ジャパンの開催するクリニックに参加しました。

Rにとっては今年で3回目の挑戦。昨年までのキャンプ形式から、1日1時間半でその日ごとにテーマを定めての練習形式に変わり、所属するKYSCのキャンプと日程が重なったこともあって、全5日のうちの2日だけの参加になってしまいました。
ほとんどの参加者は5日間の全日程に参加していると思われ、2日しか参加できないRにとっては正直アピールのチャンスが少ないというハンデもありますが、そこは過去2年の参加でアルゼンチン流を身体に叩き込んであるはず!
「今年こそ特待生に選ばれてアルゼンチンに行くぞ!!」と意気込んで(特に父親が^^)参加しました。


初日となった4日(木)は、せっかくの鈴鹿ということで、次男T、妻Nと家族4人で鈴鹿サーキットの遊園地とプールで遊んでからクリニックに参加。
少々の?遊び疲れに加え、初日ということでさすがに緊張もあったのか、少し元気のなさそうなRでしたが、練習時間が近づき、昨年のキャンプでも一緒だったボカ仲間のKくんの姿を見付けて笑顔が戻りました(^^)
実は昨年のキャンプで一番の仲良しであり、大阪に住む彼とは、1か月ほど前のカップ戦で再会・対戦していたのでした。

さて、この日のテーマは「キックの強弱と精度の向上」。特に「強いキックを蹴ること」は、Rと私の2人が共通して課題と感じていることでした。

まずはドリブルやボールタッチでのウォーミングアップ。
同じグループに入れてくれたKくんのおかげでスムーズに練習に入ることができました。メニューの合間に「1(ウノ)、2(ドス)」という掛け声とともに行われるストレッチにやや戸惑いの表情を見せたものの、ニコニコとボールと戯れる笑顔は、いつものRでした。

続いてはインサイドキックやインステップキック、それに太ももやヘディングなど、様々なところを使ってのパスの基礎練習。
右でも左でも同じように蹴れるRですが、これまで1度も練習したことのないボレーキックやジャンプヘッドのメニューには大苦戦。
練習後に「あの時は観てて焦ったわー!」と言うと、「Rも焦ったぁ」と答えていましたが、コーチの指導のおかげで徐々に形になっていました(^^;)

次に、R最大の課題であるシュート練習。サイドからドリブルやパス交換で中央ペナルティライン辺りに切り込んでシュートを撃ちます。
Rが腰のひねりを意識していることは遠目にも十分わかりました。まだまだイメージ通りにドカンと飛んではいかないけれど、しっかりと意識して練習を重ねれば、身体の成長と併せてどんどんいいボールが飛んでいくようになるはず。これからも頑張ろうね!

最後は四隅にコーンでゴールを作ってのミニゲームを楽しみ、ストレッチでクールダウンしてこの日のクリニックは終了。
技術練習が中心で、コーチにアピールとはいきませんでしたが、去年のキャンプと同じ、テンション高く練習に集中するRになっていたので良かったと思います。


5日(金)、最終日のテーマは「実戦での技術の応用と個々の技術の再確認」。いよいよゲームでRの実力が測られることになります。

かなり早めに現地に到着してしまい、少し時間を持て余すぐらいでしたが、エンジンのかかりの遅いRにはちょうどよかったかも?とポジディブシンキング。ピッチで行われている3・4年生のクリニックを観て徐々にテンションを上げていきます。
しかし、3・4年生が終了すると、ピッチの真ん中に置かれていたゴールがピッチの端まで運ばれました。大人と同じ、フルコートでゲームを行うようですw(@_@)w「この広さはシンドイぞ~。」と思いましたが、心配していても仕方ありません。Rを信じて見守るのみです(-人-)

最初は、前日と同様にドリブルやボールタッチにストレッチを交えながらのウォーミングアップ。この日もKくんと同じグループに入り笑顔でボールと戯れます。

そして、6年生で1チーム、5年生で2チームの計3チームに分かれてビブスをまといました。

最初は、6年生チーム対5年生のRたちチームの対戦。
両チームともアルゼンチン伝統の4-3-1-2のフォーメーションでポジションを決めます。幸運にもRは希望ポジションである左FWでプレーすることが出来ました。
Rの動きを中心に追いかける親バカ目線では、ディフェンダーの視野から消える動きや、逆にデイフェンスラインと中盤の間のスペースに顔を出す動きなど、「ヘイヘイ!」と声を出しながら積極的にボールを貰おうしていて、まずまず良かったと思いますが、なかなかボールが回ってきませんでした。
また数少ないボールを持った時のプレーでも、スピードが足りず、シュートまで持っていくことが出来ません。
試合の途中からは、コーチが見るに見兼ねてか、予定どおりかはわかりませんが、何度もプレーを止めてポジショニングなどの指示を出していました。
その効果でRにもっとボールが回ってくることを期待しましたが、願いも虚しく、目立った活躍は出来ないうちに1試合目は終了してしまいました。

次の試合は6年生チーム対5年生のもう一方のチームで、その間Rたちは隅っこでサッカーテニスをして、リフレッシュ。そして最後の5年生同士の試合に臨みます。

その最後の試合では、Rは中盤のボランチにポジションを移しました。
パスを貰う側からパスを出す側へ。結果的にこのポジションチェンジがRにとって良い方に転がりました。
まずは的確なポジショニングから、流れを読んでのインターセプト。ディフェンスでリズムをつかみます。
次はオフェンス。中盤の底で味方からボールを引き出すと、Rの代名詞?、ダイレクトパス。少なくとも2点はこのRの縦パスから生まれました。
更に、前が詰まっている時には落ち着いてキープしてからのサイドバックへの展開のパス。ボールの奪り合いでは昨年のキャンプで叩き込まれた身体を張ったプレーで大きな相手にも負けない力強さを見せました。
KYSCで身に付けた判断力、ボカで鍛えた力強いプレー、クーバーで磨きをかけた技術。これまでのサッカー人生で習得したRの力を、全てとはいかないまでも、存分に発揮してくれました。
仮に(というかその可能性の方が高いんですが^^)特待生に選ばれなかったとしても、この試合でのプレーには親バカは大満足です。
特に、Rの持ち味である正確なダイレクトパスは、他の選手にはない「違い」を少しは示せたのではないかと考えています。


2日間、わずか3時間ほどの短いクリニックでしたが、新たな課題とちょっぴりの自信をRに与えて貰いました。
クリニックを終えたRは「緊張してガチガチやった」といいながらも、「また来年も来たい!」と意気込みを見せていました。
また来年、更に成長した姿を見せられるように、これからも頑張ろうね(^^)」


エドウィンコーチ、カルロス、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
次に会う時は、もっと「大きく」なって会えるように、毎日を積み重ねていきたいと思います!!



↓よろしければ、クリックして応援してくださいね m(_ _)m
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ  人気ブログランキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

秘密にする

trackback

http://atanrt.blog42.fc2.com/tb.php/223-fa290f19
 ようこそ 

人目のフットボーラーさん

 プロフィール 

ataru88

Author:ataru88
2児の父。息子にもクラブにも内緒でブログを書いているサッカーマニアな親バカ。好きなチームはアーセナル、ボカ・ジュニアーズ、いちおう京都サンガ。好きな選手はウィルシャー、モドリッチ、スアレス、アグエロ、ほか多数。

登場人物など
R:長男。サッカー小僧(U-11)。好きなチームはマンチェスター・ユナイテッド。好きな選手はC・ロナウド。特技はウイイレ。
T:次男。サッカー好きか不明(U-8)。まだまだ謎が多い。
N:2児の母。あまりサッカーに興味はないらしい。
KYSC:Rが所属する架空の?まちクラブ。

↓ランキングに参加していますので、訪問ついでにクリックして応援していただけるとうれしいです。いろんなブログをご覧いただけます。
 にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
 にほんブログ村
 人気ブログランキングへ
 

 カテゴリ 
 最新記事 
 最新コメント 
 ツイッター 

試合速報はこちらから。 他にもいろいろつぶやいてるので、よかったらフォローしてみて下さい。

 おすすめ商品 
 リンク 
 月別アーカイブ 
 ブロとも申請フォーム 
 メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

 QRコード 

QRコード

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示